スポンサーサイト

  • 2015.05.16 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アサルトアーマーとOB

明日の今頃……私はACfAにどっぷりと漬かっていることでしょう。
もし、給料の払い込みが遅れたら……
たぶん、貴船まで出向いて藁人形に五寸釘でも打っていることでしょう。

さて、今日はOBについて。
OBによる突進が移動の主軸であり、OB性能重視でAA非搭載タイプのOBを使う予定だった私なのですが、AA搭載型にも、非搭載型に負けない性能のOBがいくつかある模様。
そうなるとAAは、PA整波性能が高めになるであろう私の機体にとって、近距離戦での手札になりうるわけです。
というわけで、AA搭載型OBの性能を比較してみます。

GAP-AO.CG
重量/消費EN:633/743
OB推力/EN/KP:72450(81869)/31200/1120
発動推力/EN/KP/持続:86073/109200/7280/12
AA攻撃力/範囲:3100/90

EN消費がすさまじい代わりに、KP消費は極めて少ない、そんなOBですね。
推力80000越えのOBはAA搭載型としては三つしかないので、出力は文句なしです。
AA攻撃力も3000オーバーなので、範囲90という欠点を補うには十分でしょう。
ENに余裕がある機体なら、これで一気に肉薄して高出力AA、というのもよさげです。


I-RIGEL/AO
重量/消費EN:518/706
OB推力/EN/KP:66930(73623)/14600/1820
発動推力/EN/KP/持続:80277/54600/11830/11
AA攻撃力/範囲:2700/110

ENに関して圧倒的に低燃費ながら、KP消費が死んでいる模様。
しかも推力が全OB中ワースト2という代物で、ちょっと被弾が心配です。
PA回復装置を併用すればKP消費はギリギリなんとかなる範囲でしょうか。
AAは低めの攻撃力ながら範囲が広いため、AAの副次効果狙いで使うならOKでしょう。
結果的に短時間しか吹かせないでしょうが、機動性への影響を最低限に留めつつOBが使えることもあり、軽量の攻め機向けといえるかもしれません。


KRB-PALLAS
重量/消費EN:575/669
OB推力/EN/KP:69000(75900)/26000/1400
発動推力/EN/KP/持続:82450/91000/9100/13
AA攻撃力/範囲:2900/100

EN、KPともに低燃費気味の巡航型ですが、非搭載タイプと比べるとさすがに巡航性能は劣ります。
そのかわりAA攻撃力が高めで範囲も標準なので、AAは扱いやすいですね。
中距離〜近距離での距離調節に吹かすのであれば、この低推力はかえって扱いやすいかもしれません。


KRB-JUDITH
重量/消費EN:448/599
OB推力/EN/KP:68000(74800)/26000/1300
発動推力/EN/KP/持続:81400/91000/8450/13
AA攻撃力/範囲:2500/100

KP消費が若干抑えられた代わりに推力が低下したパラス、という感じです。
つまりEN効率は悪化しているので、そこは注意が必要ですね。
最大の問題はAA攻撃力が2500と最低であることで、本当に最低限の機能しかないため、少し頑張ってパラスやライールを積んだほうがいいような気もします。


KRB-LAHIRE
重量/消費EN:426/659
OB推力/EN/KP:78200(86020)/27300/1495
発動推力/EN/KP/持続:92110/95550/9718/13
AA攻撃力/範囲:2800/100

AA搭載型でありながら、非搭載型に匹敵する推力と、十分なAA攻撃力を持つ優等生。
一見大きめの消費は推力との比率で言えばパラスやユディトよりも上で、KP消費も効率で言えば大きくもありません。
むしろ半数以上のAA非搭載OBを上回る推力が魅力です。
AA攻撃力も範囲もいたって平均レベルなので扱いやすいのも魅力ですね。
OBを重視しつつAA搭載型を載せたいのであれば、これが一番いいかもしれません。


KRB-SOBRERO
重量/消費EN:358/749
OB推力/EN/KP:59160(65076)/29900/1690
発動推力/EN/KP/持続:72118/104650/10985/13
AA攻撃力/範囲:3600/100

AA搭載型OB最軽量。
OBに関しては、超低推力超EN消費超KP消費、とふざけた低スペックなので、見るべきところは皆無ですね。
その代償としてAA攻撃力3600というAA特化型であり、範囲も標準レベル。
OBなどいらん、AAさえあればいい、というMB主体の軽量機向けでしょうか。


ARGYROS/AO
重量/消費EN:700/900
OB推力/EN/KP:80500(88550)/26000/2100
発動推力/EN/KP/持続:94525/91000/13650/11
AA攻撃力/範囲:3300/110

重量高負荷ながら、それに見合った高推力と、凶悪なAAを備えたトーラス渾身の一作。
KP消費がおぞましいことになっているので長距離は吹かせないものの、EN効率自体はものすごくよかったりします。
PA整波性能に任せて吹かせる軽量機か、トーラスマンのための高出力OBですね。
AAは威力・範囲ともに標準を超えており、特に迎撃に向いていそうな感じです。
なんというか、本当にトーラスマンのためのOBって感じですね。
短距離ダッシュ用としてはENへの負荷の小ささも含めて軽量機にも扱いやすい代物なので、速度もAAも妥協したくないなら装備する価値はありそうです。
長距離吹かすのは厳禁ですが……


とまあ、こんな感じですね。

GAP-AO.CG(ENに糸目をつけない機体向け・OB/AA両立型)
KRB-PALLAS(OBは巡航目的・ややAA重視型)
KRB-LAHIRE(OB性能重視型・AAも普通にいけるクチ)
KRB-SOBRERO(OBは屑同然・AA命)
ARGYROS/AO(KPに糸目をつけない機体向け・OB/AAともに優秀)

このあたりからの選択になるのではないかと思います。
個人的にはクーガーAA、ライール、アルギュロスあたりが注目株といったところでしょうか。

ネタ機を作ろう?

毎週のようにカレーを作っている私ですが、カレー好きというわけでもありません。
そりゃ毎週微妙にいろいろアレンジするくらいのことはしますが、基本的に食費節減のためです。
これも全てはfAのため……あと3日で成就する我が野望よ……

さて、弾速云々についての続きを少し。
ここで爆弾発言ですが、弾速に関しては又聞きの話であり、PS3のない今の私には当然検証などできておりません。
まぁ別の場所でもVOBパージ寸前にアサルトキャノンぶっ放したらとんでもないスピードで吹っ飛んで行った、などという話も聞きましたので、まさか『騙して悪いが……』なガセネタではなかろうと踏んではいるのですが……

で、今回はミサイルについてです。
ミサイルという奴は、加速度に反比例して追尾性能が上昇します。
スピードが乗ればその分左右への動きが鈍る。これはAC本体と同じですね。
では、その最初のスピードが遅ければ……ある程度の加速に達するまでの僅かな時間ではありますが、追尾の余地を生み出せるのではないか、と予想してみたりしてます。
どういうことかというと。
ミサイルは自己推進し、徐々に加速する性質があります。
つまり普通の弾丸とは異なり、最初は遅く、やがて速くなっていくわけです。
そして速くなればなるほど追尾性能は鈍る。
では、撃ち出した時点でのスピードが遅ければ、発射方向と相手の方向が異なることによる旋回性能への負荷などを、最低限に抑えられるのではないかと考えたわけです。
もちろん加速が終了してからの追尾性能は全く伸びないわけですが、スピードが乗る前に、ある程度相手の方向へ軌道修正してから加速することになると予想されるため、気休めではあるでしょうが、ミサイルは引きながら撃ったほうが若干当たりやすくなるのかもしれません。
ほとんどのミサイルは前進する相手には当たりづらいものですし、引き抑止として使用しているならば、わざわざ減速してまでミサイルの命中精度を上げたところで無意味ですから、ホント、実現したとしても実用性はほとんどなさそうですけどね(汗

さて、今日もう一つの話題はネタ機について。
ネタ機と一口にいってもいろいろあるのですが、今回は『別作品再現機体』についてです。
こういったパーツが主に再現機体の素材として使えそうです。
・H01-TELLUS……ガンダム系、レイズナー、アルトアイゼン等の頭部を再現するのに使える。
・EKHAZAR-HEAD……ジム系などバイザーアイタイプの機体の頭部を再現するのに使える。
・HILBERT-G7H……主にザク系のモノアイ機体を再現するのに使える。
・SOLUH-CORE……曲面構成のヒロイックな胴体を構成できる。主にガンダム系。
・CR-HOGIRE……ややソリッド気味な胴体を再現するのに使える。アルトアイゼン等。
・EKHAZAR-CORE……M9系アームスレイブ等の胴体を再現するのに使える。
・AM-JUDITH……MS系の腕部を再現するのに使える。
・WHITE-GRINT/ARMS……主に平成ガンダム等の腕部を再現するのに使える。
・LG-HOGIRE……多くのヒーロー系ロボットの脚部を再現するのに使える。
・WHITE-GRINT/LEGS……↑と同用途。
・LG-JUDITH……細身、かつ平面的なフォルムのロボットの脚部を再現するのに使える。
・LG-LAHIRE……ファフナー等、生物的なフォルムのロボットの脚部を再現するのに使える。
・SOLUH-LEGS……敵役ロボなど曲面的で細身のロボットの脚部を再現するのに使える。
・HILBERT-G7L……まんまドム脚。ジオン系MS再現のお友達。
・MR-R100R……ヒロイックな実弾ライフル。
・047ANNR……量産機等がよく持っていそうなライフルとして重宝する。
・LABIATA……これも量産機等がよく持っていそうなライフルとして重宝する。
・063ANAR……同上。
・VANDA……量産機等がよく持っていそうなマシンガンとして重宝する。
・CANTUTA……同上。
・GAN01-SS-WG……グフカスタム等のガトリングガンの再現に重宝する。
・GAN01-SS-WGP……三連ガトリングはこちらを。ちょっと大きいがアルトアイゼンの左腕マシンキャノン等を再現できる。
・LR02-ALTAIR……ビームライフル等の再現に重宝する。
・ER-R500……腕部装備の実体ブレードなどを再現できる。レーザーライフルだが。
・HLR01-CANOPUS……ブレンパワードのブレンバー、テムジンのスライプナー等、銃剣的なビーム兵器のビジュアル再現に重宝する。
・EB-R500……シールドとビームサーベル系武器を同時に表現できる優れもの。
・07-MOONLIGHT……紫の刀身とあわせて悪役機のビームサーベル系再現に向いている。
・KIKU……言わずと知れたリボルビングステーク。パイルバンカー系はお任せ。
・GAN01-SS-WD……パンチ系技の再現に使える。
・KB-O004……大型シールドの再現に使える。エネルギーパンチ系技の再現も同時に可能。
・NIOBRARA03……平面的なシールドの再現にも使える。まんまハンドミサイルでもOK。
・各種ミサイル……それぞれミサイルランチャーの再現に使える。
・OSAGE03……サザビーのファンネルを擬似再現可能。
・049ANSC……多くの支援型ロボのショルダーキャノンを再現できる。
・EC-O300……小型レーザーキャノン等の再現に用いる。
・EC-O307AB……羽のほか、νガンダム系列のフィンファンネルなどにも使える。
・HLC02-SIRIUS……大型ビームキャノン等の再現に用いる。
・LETHALDOSE……ゴッドガンダムの光輪+石破天驚拳、ネオグランゾンの縮退砲などの再現に使える。
・047ANR……ラムダドライバ展開状態のアーバレストなどを再現できる。
・061ANR……フリーダムガンダムの羽等、複数広がった翼のようなものを再現できる。
・RD03-PANDORA……百式のウイングバインダー等を再現できる。
・ACB-O710……まんま追加ブースタ系を再現できる。テムジン等に重宝する。
・LALIGURAS……今はスラッグガンのほうが適任かもしれないが、4時代はアルトアイゼンのクレイモア再現に用いた。
・051ANEM……肩部にウイングバインダー系を再現するのによく使える。
・ASB-O710……F91の肩等に使える。ウイングゼロやアーバレストにもいけるか。

スタビライザーに関してはキリがないので割愛です。
パーツが増えたことで再現機体がいろいろと組めるのは面白いですね。


本日のレス。
くらぶまんさん>
え!? 前進速度が弾速に追加されてるってほんとうですか!? これは検証せねば。

…遅れてきたエイ・プールじゃないですよね……?


・たぶん、マジかと。検証もされてるようなので……
自分でも自信の無い記事を載せるもんじゃないですね……胃に悪いです(汗

弾速を乗せてみる

山はとっくに越えたものの、風邪がいつまでたっても治りません。
ウイルスども……足掻くな、運命を受け入れろ!

さて、今日は『移動速度が弾速に反映する』という部分について、ちょっと考察です。
これを利用すれば、特に一発武器に関して、命中率や威力(実弾武器の攻撃力は弾速でけっこう変わるらしい)を強化できると思われるのです。
では実際、どのくらいまで加速できるのか。
弾速の数値は、秒速○○m、であると思われます。
つまりショットやスラッグあたりの600は秒速600m。
対してACの速度は時速ですから、これを秒速に換算すればいいのですね。
前QBで軽量機が1500km/hくらい安定して出せると仮定して算出してみると……

416.666m/s

速!!
つまり射撃の瞬間に前QBをかけることで、弾速600の武器でも1000以上に加速できると。
ショット、スラッグ、バズやグレといった低弾速系の一発武器を撃つのであれば、これは見逃せない数値ですね。
高弾速武器にさらに上乗せすることも可能となるので、砂やレールキャノンによる遠距離狙撃時にも使えるかもしれません。
もっとも、前QB=攻撃の合図、と判断されては、せっかくの弾速強化の意味が無いので、正対時に多用するのは禁物かもしれませんね。

あと5日

さぁ、片手の指で足りる日数になったぞ……ククククク……

今日は髪を切ってきました。今まで不精で思いっきり伸ばしてしまい、正直鬱陶しかったのですが、これでスッキリです。
それをごまかすのにオールバックにしていたせいか、今はまるで谷口みたいな髪形ですがw

さて、今日も購入前に予習です。
今回から、弾速に自機の移動速度が反映される仕組みになったようですね。
つまり、引き撃ち側のほうが弾速面で有利になる、といった『引き有利』が消滅した、ということのようです。
『弾速が乗っても相手が引いてるんじゃ一緒じゃね?』
とか
『相手の弾速が減ってもこっちが突っ込んじゃ同じじゃね?』
と思う人もいると思うのですが、計算してみると、ちゃんと弾速は互角になってます。
ですから、攻め側がより被弾してしまうということは、現状ないです。
といっても、MBのEN効率が低い現状、ENの面では相変わらず引いたほうが有利なようですが。
fA発売寸前段階で公式戦に出没していた、『サラーフ脚に重量系上半身Wライ』といったアセンは、現在ではさほど有効とはいえない、ということのようですね。
では重量機にアドバンテージはないのかというと、当然、装甲で勝る分、回避がしっかりしていれば、旋回が追いつく限りは、同距離の撃ち合いで負ける事は無いでしょう。

短いですが、今日はこんなところで。


本日のレス。
S.Castさん>
関東地方でも昨晩からマクロスFが始まりました。
あのクオリティが普通に地上波で放送される時代がリアルにやってくるとは・・・。ゴールデンであれば尚よかったんですが。
ドラえもんやサザエさんが週2で夜7時台に放送されていた時代から考えると色々と感慨深いです。

VCの仕様は箱と同じようですね。こっちがスピーカー出力を切らないとヤバイ会話も駄々洩れになりますので気をつけましょう。
私はVCは持っていても知り合い相手でもない限り普段使わないのですが、外人さんはお構い無しに一方的に捲し立ててきますね。正直煩い。
あと返事を求めるなと。こっちは今VC使ってないしそもそも英語ワカランて。
あの無遠慮さには辟易しますがこれが国民性の差、というモノなのでしょうか。


・ゴールデンではちょっと難しいかもしれませんねぇ。
お食事時に流すにはちょっとアレな描写もありましたし……え、種? 気にしない気にしない(汗
VCは相手のオンオフが効かなくてチーム戦で有効活用できないと聞いて、ちょっと残念ですね。
あとブレオン部屋などにクイックマッチで迷い込んできてしまうガンナーさんもいるようなので、クイックマッチお断り、みたいな設定ができるとトラブル避けられていいかなぁ、と思いますね。
外人さん、VC好きなんですかねぇ。日本人は逆に、ある程度気心知れてないと直接話したがらない国民性、なんでしょうけど。

安定マニア

寝込んでいたら、気付けばあと6日でした(笑
まだ本調子とはいきませんが、頭痛も咳も収まったようで、あとは不摂生さえしなければぶり返したりはしないでしょう、たぶん。

さて、今日は安定性能のお話です。
fAになって脚部の安定性能が一律となり、コアにも安定性能が追加され、ある意味わかりにくくなった安定関連。
ちょっとこれに関して検証してみることにしました。

頭部とコアの安定性能ですが、数値の割に全体に響くのが特徴です。
そしてその数値は、おおむね400〜650程度に収まっています。
ここから推測されるのは、純粋な加算ではなく、500分数の乗算方式であろうということ。
どういうことかというと、それぞれ
(安定性能)÷500
で出てくる数字を、脚部の安定性能にかけている、ということです。
たとえば私が組む予定の脳内アセン、ドラグノフの場合。

頭部:047AN02……688
コア:CR-HOGIRE……583
脚部:063AN04……2290
これを、先ほどの法則で計算すると、

2290×(688÷500)×(583÷500)=2290×1.376×1.166=3674.1126

重二並に増えますね。
高安定パーツ+安定関連フルチューンだけに、けっこういきます。
逆に、安定性能500以下の頭部、コアを使うと、安定性能は減ることになります。
未検証、というか検証が難しいので、実際このままの数式が当てはまっているかどうか保証はなかったりするのですが(ヲイ)、数値の配分と、影響度を考慮すると、そんな感じなのではないかと思えます。
計算式上、もとの安定性能が高い脚部において影響が顕著なのですが、組み合わせ次第では軽二でキャノン撃ったりバズの反動に耐えたりできるのかもしれません。
ためしに、安定自慢のアルゼブラでいってみましょう。
頭部:EKHAZAR-HEAD……735(1.47)
コア:EKHAZAR-CORE……721(1.442)
脚部:EKHAZAR-LEGS……1861
脚部:SOLUH-LEGS……2260

アルゼブラ新逆関の場合
1861→3944.8
サラフ脚の場合
2260→4790.6

ちょ、オイ!?
さっきの計算結果軽く越えましたね……逆関節が重二を越えるとは……
それでも四脚やタンクの安定性能には及ばないあたり、カテゴリごとの差もすごいものですね。
まぁ、繰り返しますが、これで正しい保証はないです、ハイ……
ですが、マシンガンの反動蓄積でさえ二次ロックが外れてしまう今、こういった安定性能を重視してみると、連射武器の扱いはずいぶんと向上するのかもしれません。
まぁ、弾速上げないと現状産廃ですけどね……


本日のレス。
グラビさん>
マクロスはあまり詳しく無いですが、イラストは期待してます(笑
まあ私のわかるものがあるのかわかりませんが…
 
昨日PGの皆さんと対戦したんですが、VCで喋った音声は普通の音声と同じ扱いになるらしいですね(^^;
なのでVCの無い私も音声上げるか、イヤホンを付ければ会話を聞くことが出来るという…
聞いているだけでも楽しかったですが、やはりVCが欲しいですね( ̄〜 ̄;)
頼むからいつもの店で取り扱うようになってくれ(泣


・小説は……?(ヲイ
なるほど、VCなくても聴き手に回ることはできるんですねぇ。
私もVC購入予定ですが、コントローラを常時USBに接続するくらい、無線というものを信用しない人間なので、有線式のものにするでしょうね。
いつかVCできる日を楽しみにしてます。
ククク……参戦だけならあと一週間ありませんがね!!

エンさん>
マクロスゲーはPS2の奴が大分やっふぉうっ!できて面白かったです。TV版映画版の2ルートの奴です。


マクロスFのヒト型になったシーンはかっこよかったんですが高速飛行中に変形かましたらばらっばらになりそうな予感がします。宇宙だから敵は慣性だけかな?

というかVFにコジマミサイル積んだらネクストとか敵じゃないっぽい気がするのはオレだけでしょうか・・・・・

とりあえずゴーストがAFの周りにいればいいのにとか思う最近でした


・PS2のほうは未着手だったりします(ヲイ
宇宙ならマッハ越えた状態で変形しても大丈夫ですね。大気圏内でやるとソニックブームで粉々になりますがw
まぁそのあたりは、ゼントラーディの技術を吸収してますし、ある程度は解決できていたりするんでしょう。
VFにコジマミサイル……いや、すでに反応弾ありますしね……VFには勝てないかもしれませんね、ネクスト。
AFの周囲にゴーストがいたら、勝てる気がしません(滝汗
OB使っても、マッハ20なんて速度は出せませんしね……すごいよ、ガルド……

あと日

半月お世話になった引越しのバイトも、明日で終了になりました。
ちなみに今日は件数は少ないし、稼動は昨日と変わらないし、で比較的早く上がれました。
明日は間違いなく定時コースでしょう。たとえ3チーム稼動程度でも。
そうかぁ……終わりかぁ……
出勤日数15日で、たぶん総計17〜18万程度は軽く稼げているでしょう。
くはははは、余裕で買い戻せるぜPS3!

さて、給料日待ちモードに突入したところで、今日もACfAの購入前妄想です。
基本アセンは
頭047、コアオーギル、手足063、できるだけ軽いKP重視ジェネ、MBユディト、BBラトナ、SBオルテガorアリーヤ、OBランスタン、右手砂、右背061レーダー、とここまではほぼ固定。
目的にあわせてFCS、左側の武器は変えていく予定です。
ミサイルや砂の射程を考えると、以前計画していた061FCSの狙撃特化機はさすがに射程オーバーにも程があるようなので、047ヘッドのカメラ性能を含めて1500程度の射程が確保できればいいかな、と思っています。できれば距離計測のために1700くらい欲しいところですが、FCSレーダーの有効範囲の狭さを考えるとそんなものでしょう。
061FCSを装備されているとさすがにアレですし、現状重量機のほとんどはそれだと思うので、わずかに勝るであろうレーダー範囲を活かして、映ったら即ECMで背後めがけてOB、がいいのかなと思ってたりします。
BFFのPA性能がローゼンタールを越えた今、決してできない戦術ではないですしね。
ただ現状、各種防御性能に隙が無いトーラスマンに有効打を与えられるかどうかは不安ですね。
旋回はともかく安定の低さをつける武器はないでしょうし(一応スラッグガンは搭載予定のうちですが)……
現状の量産機=わが愛機のアンチアセン、でもありそうな感じですね。ぐふっ(吐血
対トーラスマン戦を考慮するなら、
右手:砂(対軽量用)、BFFレザ(やはり対軽量用)、061レーダー(戦術上必須)、スラッグガン(対重量用)、という装備になるのでしょうか。
張り付きは苦手なんだけどなぁ……
レザバズの使い勝手がいかなるものか現状予測がつかないのでアレですね。
ヴェガ様で有効打を与えられるかも少々不安ですし、以前のように旋回確保のためにパージ、が無意味である以上、遠距離武器を簡単にパージしてはくれないでしょうし。
これは戦術を練り直す必要がある、か……?

カウントダウン開始

乗り切った……最大の修羅場を乗り切ったぞ……
明日は今日より件数的には楽ですが、稼動チーム数が減っているとなると、今日とどっこいどっこいの忙しさかもしれません。
それでも忙しいのは明日まで。
明後日以降は、人数が足りなくても、2チーム程度の稼動でも、おそらく余裕でいけるでしょう。
この分だとバイト期間もちょっと短めに収まりそうです。
ふふふ……給料日まで……fA購入まで……あと10日だ……
既に15万以上稼いでいるので、購入は余裕で可能です。
脳裏に4 the ANSWERが流れて止まらないのですがどうしましょう(笑

さて、今日は……本当に話題がなくなってきました。
AC4の話題は需要は無いでしょうし、なにより既にネタ切れです。
fAに関しての考察も、オンラインが対戦にならない環境である現在、ほとんど需要はなさげです。
レギュ1.10や、ラグ軽減のパッチでも来れば話は違ってくるのだと思いますが……

何も無いというのもなんなので、レーダーの話題でも。
先日レーダーの考察をした際に、ちょっと間違いというか誤解があったようです。
どうやらこのレーダー性能強化、実数値ではなくてパーセンテージの模様。
つまり、FCSのレーダー距離が1000で、レーダー範囲強化が200であれば、1000の200%で、レーダー距離は2000になる、と、こういうことのようです。
ECM性能強化も同様と思われますし、更新強化も○○%減、という形なのでしょう。

現在多くのFCSは、レーダー距離が1000〜1100程度に収まっています。
近距離特化タイプのレーダーであるRDF-O700のレーダー距離強化は140。
装備すれば、1400〜1540程度の範囲まで強化されますね。
この範囲は061AN05以外のロック距離よりも上ですから、相手がBFF製頭部を装備するなどしてロック距離を強化してこない限り、射程外から撃たれることはかなり少なくなります。
ENに関して最低負荷のRD01-SIRENAの場合150ですから、やはり1500〜1650と、けっこうな強化が望めます。
ですから、狙撃を避ける意味では、レーダー装備が有効というのは変わりませんね。
いかに弾速の高いスナイパーライフルとはいえ、相手に捕捉された状態では800程度の距離より遠くなっては命中など望めませんが、捕捉されていない状態であれば話は別です。
4時代のレールを思わせる弾速の061砂などであれば、捕捉されてさえいなければ、四桁の距離でも命中が望めるでしょうし、同じく061ナンバーの分裂ミサイルも、砂以上の遠距離から運用できますし、それとわかっていなければ、強引に二段で振り切ろうとして、加速度50のミサイルが背後にガスガス突き刺さる、なんてことも十分に考えられる代物です。
FCSレーダーの捕捉距離が全体的に下がり、スナイパー武器の強化も見られる(砂砲も弱体化しているようで軽量化しているので軽砂砲以外はある意味強化)今、特にスナイパー武器に弱い軽量機は、レーダー捕捉距離について少し考えてもいいかもしれません。
更新間隔は近距離戦に有効ですし、対ECM性能も、装備型ECMの登場で隠密OB高速接近が可能な今、不意の一撃を避けるためには有効でしょう。
では、それを踏まえて、個別に見ていきましょう。

・MARIAS02
せいぜい200くらいしか重量の無いレーダーの中で、337と重いのがネック。
その割に性能も高くはなく、距離200%、更新45%減、対ECM112%とイマイチパッとしません。
消費ENを12ほど増やしてでも、レーダー距離や対ECMに優れた047レーダーあたりにしたほうがよさげです。

・047ANR
なかなかゴッツイ見た目の割には168と軽めで、消費ENも131と高くはありません。
その割に、距離300%、更新40%減、対ECM176%とかなり優秀です。
更新間隔が元々そんなに長くないレーダーであれば、十分以上のレーダー性能を得られるでしょう。

・050ANR
047の大型版ですが、重量は218、消費ENは154と、それほど負荷は増えていません。
距離340%、更新40%減、対ECM216%、と相変わらずの高スペック。
INBLUEやBLUEXSでさえレーダー距離2278に達するので、FCSを問わずレーダー性能は完璧になると思っていいでしょう。

・061ANR
狙撃特化の061ナンバーですが、これだけは近距離仕様。
重量は139とかなり軽いですが、消費ENは全レーダー中最大の190。
距離260%、更新63%減、対ECM288%と、特にずば抜けた対ECM性能が光ります。
ちょっと大きめの消費ENを対価に、隙のないレーダー性能を得られます。

・RDF-O200
4の初期レギュでは一択に近く、後期レギュでは高負荷になっていましたが、今回は平均的な負荷と平均的なステータスの持ち主。
重量178、消費EN131と、047レーダーよりも少しだけ高負荷です。
距離180%、更新53%減、対ECM160%と、性能も若干高めの更新以外はいまひとつ。
やはり047レーダーを装備したほうがよさげな1.00現在でした。

・RDF-O700
4時代のO200を思わせる性能の、オーメルの新型レーダー。
重量129と最軽量にして、消費EN154と、少々高め程度の負荷。
距離140%、更新80%減、対ECM184と、レーダー距離こそ最低なものの、他はかなりの優等生。
近距離機にも向いていますが、元々のレーダー距離が長い遠距離型FCSとの相性もいいですね。

・RD01-SIRENA
今回も低負荷が売りの、最低限のスペックを有するレーダーですね。
重量は198と若干重め程度ですが、消費ENは71と極めて小さくなっています。
距離150%、更新48%減、対ECM144%と、それでもMARIAS02より二つのステータスで上回るあたり、現状マリアスレーダーは報われませんね。
平均的なレーダー距離を持つFCSであればこれでも十分な索敵性能を得られるので、余程の狙撃特化機以外は恐れる必要はないでしょう。
さすがに距離1500以上から狙撃しても、そうそう当たるものではありませんしね。

・RD03-PANDORA
セイレーンを一回りスペックアップした低負荷型レーダー。
重量208、消費EN83と、セイレーンより機体負荷も一回り大きくなっています。
そのかわり、距離170%と僅かに距離が……距離だけが、増えています。
まぁ重量10、消費EN12の対価としては、そんなもんでしょう(笑
ビジュアルでどっちを使うか選ぶくらいの選択肢ですね。


てなわけで、現在レーダー選びは、
いちばん無難→047
近距離FCS弱点補強→050
レーダー命→061
遠距離FCS弱点補強→O700
最低限の索敵性能→SIRENA or PANDORA

こんなところになるのではないでしょうか。

雨=洗濯日?

今日は雨の中、夜八時まで残業でした。くそぅ、せめて晴れててくれ……
まぁ、残業手当三時間分、しめて4500円はウマーなわけですが。
帰ってお茶を飲もうと思ったら、お茶の中に妙なものが混じっていました。
カビかとも思ったのですが、新しい茶葉でカビはさすがに……と思って急須を覗いてみると、すさまじい茶渋がこびりついていました。
たまには洗わないといけませんね。
服もついでに洗ってますが、今日は携帯を一緒に放り込むようなアホはやらかしておりません。ポケットの中はちゃんと確認したので問題ナッシング。

さて、今日も1.00時点でのパーツ考察をしようと思うのですが、現時点で何にしようか迷ってます。
ライフル、レーザー、砂についてはやりましたし、現状カテゴリごと産廃のマシンガン、ガトリングガンや、WGミサほぼ一択状態のミサイルについて考察しても、需要はないでしょうし面白みもありません。
ブースタは実際使ってみないとなんともいえないパーツ群ですし、ジェネもまた然りです。
フレームパーツにしようかな。よし、頭部いきます。

中量頭部
まず、比較をやりやすくするために、全中量頭部のステータスを全て平均化してみたいと思います。
重量:384.111…
消費EN:1005.666…
AP:2247.555…
実弾防御:655.111…
EN防御:486.111…
PA整波性能:748.555…
PA減衰抵抗:51.444…
安定性能:536.111…
カメラ性能:496.444…
システムリカバリー:536.555…

なんだこの見事な計算結果は(笑

・GAN02-NSS-H
GA中量頭部。メルツェル頭。
平均より50くらい重いのですが、そのかわり66ほど低負荷なので問題ないでしょう。
その割に、平均を600上回るAPと、170上回る実弾防御が最大の魅力でしょう。
弱点は平均を86下回るEN防御と、整波で126、抵抗で11下回るPA性能です。
どちらもアドバンテージを鑑みれば許容範囲ですね。
安定性能も平均以上ですし、カメラ性能やシステムリカバリーが若干低めであることを考えても、扱いやすく優秀な頭部であると思います。

・047AN02
メアリーヘッド。
平均を500下回るAP、110下回るEN防御、30重くて80燃費が悪い。
と、ここまでが弱点です。
86高い実弾防御、整波で12、減衰で7と平均を上回るPA性能と基本性能はそう悪くありません。
しかも安定で90、カメラ性能で320、システムリカバリーで110と、他のパーツと一線を画す性能も多々持ち合わせているので、弱点は十分打ち消せるでしょう。
最大の長所三つは人によってはさほど必要なかったりするので、アセンを選ぶといえばその通りなのですが。

・063AN02
リリウムヘッド。
重量と消費ENは384/1086と、若干高負荷気味で、APも047よりはマシとはいえ、1822ですから決して高いともいえません。
実弾防御は平均+50、EN防御は-36、整波性能は+80、減衰抵抗は+3と、防御面では若干EN防御が低めな以外は、実装甲、PAともに文句なしです。
安定性能は-11とBFFらしからぬ平均以下ですが、カメラ+108、リカバリー+110はさすがBFFといった感じです。
平均以上の防御性能に、遠距離戦にも向きつつ閃光弾やAAにも強いということで、重量機と相性がいい頭部ですね。

・H01-TELLUS
歯茎ヘッド。
重量は意外にも平均より10軽く、消費ENも215小さいので、相当な低負荷です。
その割にAP+31、EN防御+264と、防御面でもなかなかのアドバンテージ。
しかし実弾防御-107、整波-126、抵抗-4と、実弾、PA関連は悲惨なものです。
カメラ+49はいいとしても、安定-86、リカバリー-138はかなり悲惨ですね。
良くも悪くも低負荷、といったところでしょうか。

・HD-HOGIRE
ジョシュア&レオハルト愛用だったイケメン頭。
重量は見事に平均値ジャスト、消費ENも18ほど低燃費、と機体負荷面でもほぼ平均。
その割に、AP+373、実弾防御+22、EN防御+39と、実装甲やAPは平均以上です。
そのかわりPAは整波-57、減衰-1で若干低く、安定も-11と若干低めです。
カメラ-1はさすがに誤差範囲ですが、リカバリー-38も近距離戦志向ならネックになりえます。
しかしどれも致命的な欠点ではありませんし、長所で十分相殺できる範囲なので、いろんな意味で無難な選択といえるのではないでしょうか。

・HD-LANCEL
新オーギルことランセルヘッド。ランスロットとフル表記していないのは、まぁコードギアスの影響でしょう(笑
重量は10軽くなったものの、消費ENが平均+31と増えてしまったのでどっこいどっこいといったところでしょう。いずれにせよ誤差範囲程度ですが。
AP-83、実弾防御-43、EN防御+39と、実防御に関しては平均ちょい下程度ですね。
PAに関しては整波-22、抵抗+1と、惜しくも平均以下。安定も-36と低めです。
カメラ、リカバリーに関してはオーギルヘッドと同じですからやはり平均以下。
おやぁ……?

・EKHAZAR-HEAD
ラヴィラヴィヘッド。
平均より29軽量で、消費ENも117小さいので、低負荷ヘッドの類に入ります。
AP+487と大きいものの、実弾防御-43、EN防御-61と、実防御にその影響が出ています。
PA性能も整波-92、減衰-4と高くはないので、防御能力は低いと思っていいでしょう。
そのかわり安定は+114と大きく、それが最大の長所といえるでしょう。
カメラは-1でほぼ平均ですが、リカバリー-114は、AAが存在する現在、近距離用頭部としてちょっとアレかもしれません。
『AAなんざショットガンでPA速攻剥がしちまえば怖くないぜ!』というガン攻め野郎御用達になりそうですね。

・03-AALIHAH/H
アリーヤヘッド。軽量頭部じゃなくなっています。
重量は平均より49軽く、消費ENは130高い、と、かつてほど高負荷ともいえないようです。
AP-311、実弾防御-75、EN防御-61と実防御はけっこう悲惨です。
アリーヤ自慢のPA性能は、整波+219、抵抗+18とさすがのものです。
しかし安定-61、カメラ-100と、けっこう悲惨な欠点がさらに響きます。
リカバリー+161は魅力的ですが、近距離機動戦以外にはサッパリ向きませんね。

・WHITE-GRINT/HEAD
ホワイトグリント頭。
平均より29軽く、100高負荷です。
AP-128、実弾防御-11、EN防御+14と、実防御は若干低め程度。
PA性能は整波+16、減衰-4と、高いんだか低いんだかよくわからないですね。
安定-36はちょっと低めで、カメラ-50も、遠距離戦向けとはいえないでしょう。
リカバリー+12と閃光系にも弱くはないので、近距離〜中距離なら普通にいけそうです。

軽量頭部

重量:177.3
消費EN:1144.3
AP:1742.3
実弾防御:287.9
EN防御:558.6
PA整波性能:994.7
PA減衰抵抗:45.1
安定性能:499.6
カメラ性能:498.7
システムリカバリー:493.1

・H11-LATONA
少佐ヘッド。
重量は平均+40と重いものの、消費EN-236はさすがインテリオル製です。
AP+439、実弾防御-14、EN防御+106と、実装甲にはほぼ問題はありません。
PA性能は整波-196、抵抗-13と低くなっていますから、防御力は高くも低くもないといえるでしょう。
テルスヘッドでネックだった安定性能は-30とやはり低めで、リカバリーも-74と低いあたりは低負荷頭部の宿命でしょうか。
カメラは+22となかなかの数値なので、中距離射撃戦向きといったところでしょうか。

・HD-JUDITH
アンテナヘッド。
重量+20、消費EN-9、と、かなり平均値に近いあたり、さすがローゼンタール傘下だった頃の作品だけあって平均的です。
AP+241、実弾防御+16、EN防御-66、整波-107、抵抗-5と、防御能力も総合的に見れば平均的。
安定-5、カメラ+71、リカバリーは平均、と、近距離もこなせる中距離型、でしょうか。

・HD-HOLOFERNES
皿頭。
重量二桁は冗談としか思えないのですが、平均-98と相当軽いです。消費は+47と若干高負荷気味。
AP-453、実弾防御-30、EN防御-140、整波-18、抵抗-1と防御系は軒並み壊滅です。
安定+94、カメラ+47、リカバリーは平均と、このあたりは優秀なので、機動戦向きでしょう。

・HD-LAHIRE
乙樽ヘッド。
アリーヤの後継機だけあって重量-10、消費EN+104と軽量高負荷タイプ。
AP+142、実弾防御+1、EN防御-91、整波+70、抵抗+3と案外無難な性能なのはビックリ。
安定-30、カメラ-3、リカバリー+99と、このあたりはアリーヤヘッドと同じく近距離機動戦仕様といえるようです。

・SOLUH-HEAD
元サラフヘッド。アリーヤヘッドとは逆に軽量頭部になりました。
重量+50、消費EN-180と、軽量頭部にしては少し重いという、アルゼブラらしからぬ一面を持つ様子。
AP+638、実弾防御+77、EN防御-214、整波-196、抵抗-9と、APと実弾防御に関してはそこそこですが、PA性能があまりにも低いのでどっこいどっこい、低いEN防御が目立ってしまう気もします。
安定+243、カメラ-3、リカバリー-49と、やはり近距離戦でリカバリーが足を引っ張る、かも。
相手がAA使ってこなければ、何の問題もないのですけどね。

以降只今編集中。

・HD-SOBRERO
フラジールヘッド。
重量-59、消費EN+115と軽量高負荷タイプ。
AP-56、実弾防御+46、EN防御-17、整波+204、抵抗+8と、存外防御力は高いです。
安定-114、カメラ-77、リカバリー-74と、安定性、システム面は最悪ですが。

・LINSTANT/H
アクアビットマンヘッド。
重量+59、消費EN+161と重量かつ高負荷なので、機体負荷面では少し厳しい雰囲気。
AP-949、実弾防御-90、EN防御+426、整波+248、抵抗+18と、防御面は相変わらずのピーキーさですね。
安定-54、カメラ-52、リカバリー+99とリカバリーは優秀なので、AAには強そうです。

重量頭部

重量:506.8
消費EN:852.6
AP:2836.4
実弾防御:933.8
EN防御:543.0
PA整波性能:698.4
PA減衰抵抗:63.2
安定性能:495.6
カメラ性能:484.6
システムリカバリー:462.0

・GAN01-SS-H
悪魔超人ヘッド。
重量-14、消費EN+36と、ほぼ平均に近い数値。
AP+488、実弾防御+46、EN防御-71、整波-101、抵抗-4と、APと実弾防御に特化した防御能力ですね。
安定+11、カメラ-30、リカバリー-10と、内装は若干安定重視程度で、重量頭部としては平均的な、安定した性能の持ち主であるといえそうです。

・KIRITUMI-H
有澤城天守閣。
重量+60、消費EN-97と、典型的な重量低負荷タイプです。
AP+543、実弾防御+135、EN防御-307、整波191、抵抗-13、と悪魔超人ヘッドをさらに先鋭化させた実弾防御特化タイプです。
安定-40、カメラ-55、リカバリー-60と、張り付かれてAAされるとかなり悲惨なことになりそうな気がします。

・HILBERT-G7H
耳をつければロイヘッド。
重量-39、消費EN-8と、平均に極めて近いながら軽量低負荷タイプ。このタイプには性能に穴があるのが基本ですが……
AP-620、実弾防御-132、EN防御+254、整波-41、抵抗+2と、防御面はEN偏重気味ながら決して悪くはありません。
安定+61、カメラ+71、リカバリー-35と、リカバリーに穴はありますが他は優秀。
低負荷系頭部の割には色々と安定しているといえるでしょう。

・SOLDNER-G8H
アルドラマンヘッド。
重量+11、消費EN-53と、重量低負荷タイプといえますが、重量はほぼ平均ですね。
AP-343、実弾防御-43、EN防御+47、整波-131、抵抗-1と、ヒルベルトと比べるとマイルドになった、といえば聞こえはいいですがパッとしません。
安定+36、カメラ+21、リカバリー-35と、内装面でもヒルベルトに勝てず。南無。

・ARGYROS/H
トーラスマンヘッド。
重量-14、消費EN+125と、重量頭部の中では軽量高負荷タイプ。
AP-66、実弾防御+2、EN防御+77、整波+466、抵抗+17と防御面に隙は全くと言っていいほどありません。
安定-65、カメラ-30、リカバリー+140とAA、閃光弾耐性も高いので、安定を気にするのでなければ、重量頭部はこれで安定かもしれません。


とまぁ、こんなところでしょうか。

本日のレス。
S.Castさん>
以前に某宅配便の集配所でバイトしたことがあるのですが、腰を痛めて歩くのも辛くなるわ昼夜逆転生活になるわ職場の人間関係は抉れるわで碌でもない目にあいました。
引越しの仕事というのも大変そうですがお体には気をつけて下さい。

前の話題になりますが、使われて厄介なE兵器となるとリリウムレーザーがダントツですね。
レザバズも(2連)ハイレザも距離を取れば威力減衰&回避が容易になり殆ど無力化できるのに対し、リリウムレーザーは弾が速い上に長細い弾体は視認性が極めて悪く見てから回避が困難となっています。そして減衰が少ないので距離があっても当たれば痛い。
使う側としても接近する手間と危険が省けその分攻撃機会が増えるのでかなりオイシイのではないでしょうか(自分では使わないのでなんとも)。
というわけで、今の所リリウムレーザーの運用上の評価値は他のE兵器より頭一つ秀でている、と体感的に思います。流石BFF。

さて、長らく愛用していた軽スナですが近頃はすっかりメジャー感が出て個人的には却って使いづらくなってしまいました。
そこで現在新たな主力を模索しています。第一候補は(軽)レールガンですね。近接適正の高さから武装バリエーションが豊富そうなので。
ただ現状はライフル以外の武器がほぼ役立たずなのであれこれ考えても仕様がないのですが・・・。


・私の引越しバイトも、クロネコヤマトの副業なんですけどねw
腰を痛めると歩くことさえままなりませんからね(汗
幸いにして今の職場はフレンドリーというか、非常にゆるい雰囲気というか、いろいろとやりやすくて助かってます。
話に聞くところによると、今回EN武器の減衰率が激しいおかげで、減衰率の低いリリウムレーザーがレーザー系随一の使い勝手を誇っているようですね。
近距離火器の大多数が機能しない現在、懐に飛び込まれなければ強い砂が流行るのは自明の理なわけですけど、そういうにわかスナイパーさんたちは、レギュで近距離火器が強化されれば速攻で離れていくと思うので、今は雌伏のときって感じですね。
私はもとより弾速命なので、今回のレールの仕様は興味深いなと感じていますね。
スナイパーライフルの上位互換から、中距離の撃ち合いで圧倒的なアドバンテージを持つ武器へ……実にいいですね。

残業インフェルノ

足の調子が悪くて踏ん張りは利かないわ、カッターどこかに落とすわ、夜10時までフル残業になるわ……
今日はちょっとした厄日だったようです。
明日と明後日も相当な地獄が待っているようなのですが……
それさえ乗り切れば……

さて、昨日に引き続いて武器考察、今日はライフル系でいきます。
といっても、現状063アサルトがライフル系統では異常に強い状態のようですが。

・GAN02-NSS-WR
GAライフル。
高威力低弾速、死亡級の重量と近接適正、そして豊富な弾数。
GAらしく、『バズーカをライフルにしてみました』という感じのコンセプトですね。
その割に威力は051より下だったり報われませんが、レギュ待ちでしょう。
弾速が突撃ライフル並の1020しかないので、現状実戦ではまったく命中を期待できないのが難点です。

・047ANNR
BFF標準型ライフル。
100Rよりも重くなったものの、弾速1380と命中精度に優れた一品。
装弾数も300と多めなので、1.00現在ライフルを装備するなら最も安定しそうな感じです。

・051ANNR
OP機体の右手を二連続で飾ったBFFの名銃。
装弾数が150まで減少するという憂き目に晒されているものの、弾速は1440とライフル最速。
単発のクオリティにのみ特化しているので、垂れ流すつもりなら他のライフルのほうがいいでしょう。

・RF-R100
突撃ライフルに似た低負荷ライフル、という趣でしたが、今回はマイルド調整。
弾数が増加した代わりに少し重くなり、リロードが激減……
現状、100Rに完膚なきまでに食われています。

・MR-R100R
ちょっと威力を下げられ、ついでに弾速も物足りなくなってしまったようですが、さすがもとの性能がいいだけに、一応実用範囲内という評価が見られるようです。
低負荷気味の汎用ライフルとして活躍できそうですね。

・LABIATA
AKライフルにしか見えませんが、テクノクラートの手でも入ったんでしょうか。
突撃ライフルのような性能で、弾数も360と豊富なので、1.00現在、突撃ライフルとして運用するといいのではないでしょうか。
精度がライフルに準じているので、弾が比較的ばらけにくいことも長所でしょうか。

・063ANAR
リリウムライフル。
突撃ライフルの分際で弾速1375と、BFFライフル以外に負けない超弾速、やはり突撃ライフルとは思えない射撃精度95を併せ持ち、ライフルの間合いで通用する突撃型ライフルという鬼性能。
これ一本で他の全ライフルを食ってしまう超絶性能であるため、ミッションでライフルを使うならこれで安定でしょう。
たぶん、そのうちレギュで弾速を1200台まで落とされるでしょう……
それか他の突撃ライフルが1100〜1200台まで登ってきて、ライフルも1300〜1600くらいまで上がるか、どっちかでしょうね。

・MR-R102
ジョシュアライフル。
現状リリウムライフルの下位互換といった印象で、そのかわり低負荷です。
脅威の弾数は消えてしまいましたが、そのかわり弾速が1155まで上昇したため、使い勝手は今までよりよくなっているはずです。

・AR-O700
乙樽ライフル。
重量589とやたら軽量(とてもそうは見えませんが)なので、機動性を阻害しないのはいいのですが、マーヴの悪い点、弾数不足がさらに深刻化しており、実に困ったことに。
威力、連射性能ともに063や102より上なので、瞬間火力だけはさすがマーヴの後継機。

・ACACIA
いわゆるアザン。
弾速が1100まで伸びてお前は本当にアザンかと問いたくなってくるのですが、妥当な調整といえばその通りといえるでしょう。
実際、ユーザーからの評価も決して低くはなく、063よりさらに火力、PA減衰力に特化させたい場合に選択肢に入ってくるようです。

・04-MARVE
弾数120ってさらに減らされてますよマーヴさん。
アザン、もといアカシア以下の弾速に、そう大差はない火力、地の底の継続火力ということで、アカシアに食われまくっているようです。
弾数これなら、もっとぶっ飛んだ性能でもいい気はするんですけどね。


というわけで、現状ライフルの選択肢は、063ANAR、ACACIAあたりが無難な模様。
次レギュではライフル系の弾速が上昇しているといいですね。特にGAライフル……


本日のレス。
キサラさん>
機体構成が段々と決まってきたなか…
遊びで、エネミー機体を使ってみたら…
機体名フラジール、AP17000の貧弱装甲ながら、QB時2000越えの超瞬発力機体でした((((゜д゜;))))
今作品では、前作に比べ通常ブースの最高速が落ちジェネ重量upの影響?
のかわりにQB時のスピードが、かなり上がってますね。自分のBFF制中二機体でもバックQB時800は、出ます。
on-line対戦では、皆積極的にAA使ってきます(経験上殆どがガン責め機)。まだダメージ受けてはいませんが、何度か一瞬でPAが消し飛びました…

個人的に破壊天使砲のレーザーが紅くて細い物に変わったので視認性が落ちたのが驚異です

一番驚いたのは砂砲の発砲音ですけどね


・フラジールは重量はともかく最速フレームみたいですしね。
バック800ですかぁ……以前からすると考えられないスピードですねぇ。
AAは現状、使ったもの勝ちみたいな雰囲気みたいですね。
閃光弾と同様の効果もありますし、やはり私はシステムリカバリーに優れたBFF頭中心でアセンを組んでいくことになりそうです。
ハイレーザー以外は赤系の色に変わったんですよね。
まぁ実際破壊天使砲って、他の同系武器に対してアドバンテージ少ないですし、見づらいくらいのボーナスはあってもいいと思うんですよね。
曲がりなりにもエコレーザーと同じ『レーザーキャノン』なわけですし……

氷上さん>
軽量機体に重ジェネつんで、追加ブースタ二つとも付けてる私参上。
各種ブースタはQB時間重視で、最軽量逆間接に軽量フレーム。主武器は月光と重レール。
月光メインでいくとよくガス欠に陥りますorz

重レールですと、近距離型FCSでもライフルの有効射程外から射撃できたり、ブレードと両立できたり、その距離なら腕部の射撃適正もわりと無視できたり、結構ブレードと相性が良いですね。

欠点は、御指摘の通り、機体負荷とリロードの長さ。
もう一つは、私のアセンブルの場合はレールガンだけでは火力不足なので、ブレードを決めるなどして闘いの流れを掴まないと、そのまま削り殺されます。

あと、よく言われる、「軽量に重ジェネは合わない」ですが、私の場合はそこから来るEN容量にモノを言わせ、QBで強引に機体を動かしますね。
(アセン次第ですが)QB→月光と決めようとすると、マクスウェルでも半分以上ENを持ってかれるので、手の長い相手をブレードで仕留めようと思ったら、こういった機動も選択肢に入れるべきと思います。

PS:ツールが一応完成しました。追加Bの値がブースタの計算結果に反映されないとか、まだ改良の余地はありますが…。


・さすがブレーダーさんですねw
最軽量逆関節にそれだけの重武装を施すと、燃費以前に、装甲に対する機動性が完全に死んでしまうような気がするんですよね……あくまで私の理論だと、ですけど。
今回のレールは中距離射撃戦に特化してますし、メイン武器としても十分通用する弾数もありますから、S鳥のお供にもいい感じですよね。
その戦術だとたぶん、BFFレーザーあたりのほうが相性いいと思いますよ。
私の場合、『軽量機に重ジェネ積む』→『機体が重くなってブースタを強くしないと死ぬ』→『ブースタ強化』→『またEN足りなくなる』→『もっと重いジェネ積む』、という悪循環がどうにもアレだなと思うのです。
私の4時代のブレオン機は軽量特化で、ジェネもユディトだったのですが、その目的は『ブレードダッシュ速度を少しでも速める』ためでした。
重ジェネのときと、かなり踏み込みが違っているので。
射撃機においても、そういった軽量化による挙動の伸びが欲しくて、重量パーツをほとんど使わなくなったんですよね。

アセンブルツール、活用させていただいてます。
fAバージョンも完成なさったんですね。暇ができ次第、使わせていただきます。

狙撃武器&レーザー系性能比較

あちこち飛びまわるため一箇所に留まれない仕事の都合上、昼食がいつも外食になってしまうのですが、思いっきり食費を直撃しますね……
さすがに弁当作る余裕はないし。

さて、今日は卓上でもできるACfAパーツ考察といきたいと思います。
お題は、狙撃武器とレーザー。
・スナイパーライフル
・レールガン
・レーザーライフル
・ハイレーザーライフル
・スナイパーキャノン
・レールキャノン
・レーザーキャノン
・ハイレーザーキャノン
以上八つの武器に関して、性能比較を行いたいと思います。

手武器:狙撃武器
基本的に、スナイパーライフルは近接適正が地の底で、レールガンはかなりマシです。
重量は軽レールを除けば大差ありませんから、レールのEN負荷、射撃消費ENの対価は近接適性、と思っていいでしょう。
それを踏まえて、事実上の有効射程である弾速ごとに並べ替えると、

軽レール
軽砂
中砂
重レール
重砂

という順番に並びます。
重量、威力もこの並びに準じています。中砂と重レールは同数値ですね。
特筆すべき点があるとすれば、PA貫通力だけは僅かに重レールが勝っているところでしょうか。
微々たる差ですし、地の攻撃力は重砂のほうが500以上高いので、たとえ軽二相手でも逆転現象は起きないでしょうが、重レールも相当な威力であるといえます。
砂より取り回しがよく、重砂以外に弾速でも勝るので、ある意味一番安定しているのは重レールであるといえるでしょう。
ではそれぞれについて見てみます。

・軽レール(RG03-KAPTEYN)
軽レールの利点は現状、重量と近接適性以外になく、威力的にはレーザーを使ったほうが安定しますし、高弾速武器を求めるなら重レールや軽砂あたりに格上げしたほうがいいでしょう。
ただ、かなりの近距離においても機能する高弾速武器ではあるため、全距離対応の引き武器として機能する意味では貴重ですね。

・軽砂(047ANSR)
砂系で最も弾数・リロードに優れた存在ですが、レールとは比較にならない取り回しの悪さから近距離戦に向いているとはお世辞にも言えません。
よってせいぜい中距離戦までしか機能しないのですが、現状、中砂に対するアドバンテージがあまりないというのが悲しいところですね。

・中砂(050ANSR)
砂系の中では最も安定しているといえるでしょう。弾数60は十分に実戦的ですし、リロード80もそう悪くはありません。
重砂ほどぶっとんだ性能ではありませんが、そのかわり無難な選択肢。

・重レール(RG01-PITONE)
リロードとEN負荷は痛いですが、それ以外は文句の付け所がない高性能。
中距離程度なら問題なくいけるであろう近接適性に、弾速やPA貫通力も含めた威力も両立しているので、ENに余裕があるなら、中砂よりこっちを選びたいところです。

・重砂(061ANSR)
砂系随一の威力と、きわめて高いPA貫通力、全武器中最高の弾速を兼ね備えた化け物スナイパー。
その割に重さも大した事はなく(4時代の中砂より軽い)、破壊力もぶっ飛んでいるので、どうせ取り回しが悪いなら……と、砂の選択肢としては案外無難といえるのかもしれません。
軽砂・中砂の近接適性がもう少し高ければ、話も違ってくるのでしょうけどね。


背中武器:狙撃武器
砂砲とレール砲ですね。
思ったよりもレール砲が凶武器になっていないようでなによりです。
砂砲は三種の性能差が相当激しくなっている模様です。
弾速ごとに並べると、

・軽砂砲
・中砂砲
・重砂砲
・レール砲

と、砂ライのときとは異なり、今度はレール砲が弾速で上回っています。
威力は軽砂砲を若干下回り、PA貫通力で大きく勝っていますが、両ステータスともに中砂砲のほうが上ですね。
では個別に見ていきましょう。

・軽砂砲(049ANSC)
弾速1360はかなり悲惨ですね。おまけに近接適性も砂砲系最下位というわけのわからないステータスなので、現状この手の武器の中ではダントツの産廃といえるでしょう。

・中砂砲(050ANSC)
重量200程度しか変わらないのに、威力、弾速ともに軽砂砲とは比較にならない高性能な、かつての重砂砲。
威力+3000、PA貫通力+1600、弾速+300、衝撃力+800はあまりにもひどい性能差ですね。
弾数が24と少なくなっていますが、36あっても実用性がない軽砂砲よりは信頼性が高いといえるでしょう。

・重砂砲(061ANSC)
中砂砲+1000の超重量ですが、軽砂砲→中砂砲ほどの劇的な性能上昇はない様子。
弾速だけは+200で1920と相当なものですが、それでも軽砂ライ以下なので、狙撃というよりは、撃ち合い……砲撃戦用といえるでしょう。
重量3000オーバーに加えて、射撃反動が四桁なので、安定重視の四脚か、さもなくばタンクでもないと扱えないでしょう。
重二や軽めの四脚あたりは、中砂砲で妥協したほうがいろいろと無難そうです。

・レール砲(RC01-PHACT)
4時代の砂ライとレールガンの関係を思わせる、射程・弾速ともに砂砲を上回る、fA1.00唯一の背部『狙撃』武器といえる存在です。
威力こそ軽砂砲より下ですが、PA貫通力を鑑みれば、こっちのほうがマシでしょう。
弾速2500、射程1400と、有効射程に関しては何の問題もありません。
リロードも160と砂砲に比べてかなり速いので、撃ち合いにも耐えられますが、近接適性は腕レールとは異なり砂砲より低いので、近距離戦には全く使えない代物であるといえます。
重量は2000近いので、この武器を撃ち捨てせずに使い続けるつもりなら、武装を限定する必要があるでしょう。
それだけの価値はある武器だと思いますが。


腕武器:レーザー系
レーザーライフルは、BFF、インテリオル、オーメル(ローゼンタール)と3グループ全てによってリリースされていますが、それぞれ特徴が違いますね。
・BFF……弾速、PA貫通力に優れ、減衰率も低いが、地の威力やリロード、EN効率は悪い。砂ライ的発想。
・インテリオル……威力重視。弾速もそこそこで、実に無難。ハイレーザーは独占。
・オーメル……軽量かつ連射性能やPA貫通重視だが威力や弾速はイマイチ。近距離用。
では、個別に見ていきます。

・BFFレーザー(067ANLR)
リリウムレーザー。地の攻撃力はワースト2ですがPA貫通力が高く、減衰率も低いので実質的には相当な威力であると思っていいでしょう。
また弾速にも優れているので、従来のレーザーより一歩引いた間合いで通用しますが、射撃消費ENが若干大きいのと、リロードが78とかなり遅めなのが難点ですね。弾数50もネック。

・アンタレス(LR01-ANTARES)
重量二桁の軽量型レーザー。威力、PA貫通力ともにちょっと低すぎる気もしますが、弾数が90と圧倒的に多いので、持続力には長けているといえるでしょう。
残弾を気にせずとにかくばら撒くのに向いているかも。

・アルタイル(LR02-ALTAIR)
アンタレスより若干高負荷、かつ弾数も60まで低下しているものの、その他の性能はドラスティックに強化されているアルタイル。
地の攻撃力は相当高めなので、重量機相手でもかなり通用しやすいでしょう。

・アヴィオール(LR04-AVIOR)
ほとんど全てにおいて強化されたアルタイル、という趣の現状最強レーザー。
なにげにインテリオル系レーザーの中で最もリロードが速いのに、威力もPA貫通も弾速も高いので、現在最も安定するレーザーではないかと思われます。
弾数もアルタイルと同じ60が確保されているので、ちょっと機体負荷を割いても選ぶ価値はあるでしょう。
アルタイルの上位互換という認識で問題ないでしょう。

・ローゼンレーザー(ER-R500)
威力こそアルタイルやアヴィオールに譲るものの、PA貫通力と連射性能でそれを補うローゼンレーザー。
重量級を狩るにはこちらのほうが有効かもしれません。
弾数が72と豊富なのも魅力といえます。

・機動レーザー(ER-O200)
リロード48という驚異の連射性能を持つ反面、弾数36であっという間に撃ちつくしかねない最軽量レーザー。
708という軽さや、連射性能で補った破壊力から、機動性を確保しつつ短時間に大火力を叩き込む、対重量戦がコンセプトといえるかもしれません。
あるいは重量機が、手数や近接適性を活かした、軽量機に対する迎撃用として持っておく感じでしょうか。

・レザバズ(ER-O705)
水没王子愛用、レーザーバズーカ。
もはやハイレーザーと評したほうがいい破壊力にBFFレーザー級のリロードがついてきた脅威の一品ですが、重量1416とかなり軽量な代わりに、PA貫通力は砂ライ程度まで落とされており、弾数も24とかなり少なくなっています。
ですが『レーザーライフルの負荷でハイレーザーが使える』といえるこの武器、軽量機+低火力アセンが対重量用に持つには最適といえる武器でしょう。
ヴェガ様はとんがりすぎててちょっと……という貴方に。

・カノサワ(HLR01-CANOPUS)
威力がレザバズ以下なのに機体負荷が高いということで敬遠されそうですが、実はPA貫通力が9000オーバーなので、PA減衰を考慮しないのであれば、威力に大差はないでしょう。
重量の対価は70発と余計に増えた弾数ですが、リロードが168ではちょっと活かせないですね。
今後のレギュでリロードが80〜100程度まで戻れば、かなりよくなりそうな感じです。
性能的に、攻め用の高火力武器というよりは、重量機の迎撃手段として持っておく感じですね。
前者の役割はレザバズやヴェガ様にお任せといったところでしょう。

・ヴェガ様(HLR71-VEGA)
相変わらず狂った性能に加え、重量がレザバズより軽いというハイパーウェポン。
レザバズ同様軽量機が対重量用に持つ一発武器という趣ですが、リロードが遅く、弾数わずか6と、よりヒットアンドアウェイに特化しているので、撃ち合いには本当に向きません。
撃ち合いをするつもりならレザバズにしておいたほうがいいでしょう。

・ベクルックス(HLR09-BECRUX)
最高負荷のハイレーザーライフルですが、威力は二発合計9000を越え、PA貫通もカノサワと互角、と負荷に見合った高性能。
リロードが231とかなり遅く、弾数も実質32発しかないのがネックですが、カノサワの上位互換として十分な性能を持っているといえます。

どの武器もそれぞれの長所、短所があって選びづらい感じですね。
個人的には、目的に応じて、BFFレーザー、アヴィオール、レザバズ、ヴェガ様、ベクルックスあたりから選ぶ感じですね。
選択肢多っ!


背中武器:レーザー系
これまた個性的な性能を持ったものが多いですね。
もう直接個別に見ていったほうが速いでしょう。

・エコレザ(EC-O300)
威力こそレーザーライフル並に落ちたものの、ちょっと各種性能が低い代わりにPA貫通力がハイレーザー並に高い、そんな武器になりました。
機体負荷が軽めのレーザーライフル程度であることもあり、本当に『レーザーライフルをそのままキャノンにしてみました』といった性能になっています。
かなり高いPA貫通力を除けば本当にレーザーライフルと互角か、ちょっと低い程度の性能に落ち着いています。
弾速も1300と高くなっているので、中距離での撃ち合いにも十分耐えられますね。
リロードも90まで軽減されたので、かなり扱いやすいはず。
EN武器適性が低い腕部だけど本当はレーザー積みたいんだ、というときに背中に積むといいかもしれませんね。

・破壊天使砲(EC-O307AB)
羽レーザーとも言われますが、破壊天使の四文字でだいたい通じる武器ですね。
三発合計17000超の破壊力は健在で、弾速も1040と四桁の大台に乗り、当てやすくなった感じです。
リロード176もなかなか快適な数値といえます。
が、重量はハイレーザーも含めた背中レーザー系で最も重く、近接適性も悪く、実質12発しか撃てない上に肩装備もできない、とデメリットも満載です。
本当に威力特化な装備なので、少しでもマイルドさを求めるならハイレーザーのほうが無難でしょう。

・シリウス(HLC02-SIRIUS)
4時代と比べるとかなり軽量化されたシリウスですが、威力、PA貫通力ともに5桁という脅威の破壊力は健在です。
4時代と違って近接適性も破壊天使砲より上なので、近距離での取り回しはかなり良好になっているはずです。
そのかわり威力、弾速が若干低下しているので、有効射程は縮んだ感じですね。

・アクルックス(HLC09-ACRUX)
同系腕武器のベクルックスより低負荷なくせに威力や近接適性は上というデュアルハイレーザーキャノン。
2発合計15000近くに達する攻撃力が魅力で、PA貫通力は全武器最大の11607、しかも弾速1100、近接適性84と、かなり扱いやすい代物です。
弾数が実質16発なのはちょっと痛いですが、切り札として持つなら、腕武器のハイレーザーより装備しやすい分、こちらのほうが有効かもしれません。
リロードは252と遅いので、ここぞというときにぶち込む感じでしょうか。


なかなか面白い選択肢になっているようですね、狙撃武器&レーザー武器。


本日のレス。
グラビさん>
メインブースターがあまり強すぎるとすぐ交差しちゃうので好きじゃないですね(汗
現時点では交差の効果がイマイチなんで余計に…
高速ミサイルは確かに組み合わせがいりますね(^^;
遠距離からのミサイルは牽制みたいな感じで自分から接近するためと、ミサイル回避で相手が接近してくれたりすることがあるためですね。相手が後ろに逃げても接近し易くなるのは変わらないのでそれもいいかなって感じです(笑
高速ミサイルやBFF分裂しないのはあまりにも遠距離重視過ぎてやっぱり接近されて使いにくいのと、交差でやロックを外して使用出来ないところからですね。
しかしまあ何故あんなにジェネが重くなったのか…軽量機使いにはなかなか厳しそうな感じですね(泣


・一発武器がなかなか機能しませんから、交錯はあんまり使いたくないでしょうね……
OBが強化されたことで横型ブースタ配置が主流になるかなと予想しているのですが、今後どうなるかちょっと楽しみです。
高速系ミサイルは単体でぶっ放しても当たりませんからね……
グラビさん、私と同じく、ミサイルは完全に引き抑止として使うタイプなんですねぇ。
高速系ミサイルは本当に扱いが難しいです、はい。
現状、『WG分裂だと思って振り切ろうとする相手のケツを掘る』なんて使い方がされているようです、061分裂とその連動w
振り切りが効かないミサイルという意味では、けっこう貴重かもしれませんね。
ジェネが重くなったのは、まあ妥当だと思いますよ。
軽量機が重ジェネ積んで、かつ両手両背肩フルに埋められる、なんて状況のほうがおかしかったわけですし。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
当サイトはACfA『非公式』サポーターです
フロム様&オフィサポ様ゴメンナサイ

K1さん特製ブログパーツ
K1さんThanks!
愛機ドラグノフ
みにどら
愛銃
ワルサーP99
ワルサーP99(6mmBB弾モデル)
CLOCK
Twitter
profile
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM