スポンサーサイト

  • 2015.05.16 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


レザライを考える

明日でようやく仕事終わりかー……
良い人なのだけれど、最後まで情け容赦ない上司さんでした。

さて、今日はACV。
最近のEN武器は、Eマシの系譜で初めて陽の目を見たんじゃなかろうかと思うパルマシのようですが、今回E砂的なポジションのレザライも捨てたものではないと思うのです。
アプデ前まではTE武器といったらこれ、という感じでしたが、それから弱体化はしていない(というかむしろ強化されている)ので、今でも十分現役な武器のはずです。
現在猛威を奮っているTANSY対策のためにKE強化を余儀なくされる昨今、TEが穴になりがちでもありますし、安定して使える武器の一つなのは間違いないでしょう。

武器全体の特徴としては、説明文どおり「ライフルとスナイパーライフル双方の特性を持つ武器」です。
チャージせずに撃てば、低弾速なライフルとでもいう感じの威力と弾速で発射されますが、チャージすることで威力と弾速が向上し、最終的にはスナイパーライフル並の威力と弾速に変貌します。
ノーチャージで撃つ場合、弾速が遅く、また2次ロックが最大チャージ時の弾速準拠なので命中精度は高いとは言えませんが、適当に動いていて軽々と避けられるものではないですし、威力自体は十分あるので牽制などに活躍します。
ただこの使用法は、装弾数が少ないタイプには不向きですね。
フルチャージで撃つ場合、威力と弾速、そして2次ロックが全て噛みあうので高い威力と命中率を発揮しますが、チャージにはENを消費するため、ENまわりがちょっとしんどいですね。
これを補うために命中特化や速射特化(速射はレザライにとってメリットが少ないため命中特化が人気ですね)に育成して、若干の威力を犠牲に消費EN減少とチャージ速度向上を狙うのが人気のようです。
私が使うのは以下の機種。

ULR-09/A ELKO
現在の愛用品。
装備時の消費ENが少なめで、積載量さえ許すのであれば複数積載しやすいです。
また速射特化や命中特化だと低めの射撃消費ENがさらに低減され、非常に扱いやすくなります。
ちょっとチャージするだけで重量機以外のTE防御では弾かれなくなる程度の威力は保てるので、レーザーライフル入門にちょうどいい一品ですね。
弾数は120と豊富なので、ノーチャージで撒いてよし、チャージして撃ってよし、アンプ併用してよし、と扱いやすさ抜群。

AULNEE LR230
いわゆる軽レザの部類。非常に軽量かつそこそこ低負荷ですが、単発の威力が高いかわりに射撃消費ENがけっこうきつめ。
また装弾数が30発と非常に少ないため、連射には向かない機種ですね。
そのかわり単発の威力が他機種のアンプ併用時と同等クラスなので、30発の弾で不足しないアセン前提なら、もともと軽量低負荷+アンプ非装備という圧倒的な軽さが魅力になりますね。

LR-81 KARASAWA
超威力レーザー。4系のVEGAの系譜ですね。
威力特化+両肩アンプだと攻撃力は優に2万を超え、重量機にさえ万単位のダメージを叩き出す恐ろしい威力ですが、極めて重く高負荷、さらに装弾数4というえげつなさ。
数々のデメリットを受け入れて余りある超火力を構えなしで使用できるということで、けっこう人気の高い武器ですね。

ELKOさんもうちょっと厳選したいなぁ。


本日のレス。
たけふじゃあさん>
初めましてこんばんは。
ACVの記事を漁ってたら辿りつきました。

重二で砂砲は私も使ってます。四脚には無い防御上昇による圧倒的打たれ強さが魅力ですよね。用途に合わせた砂砲+せんとくんやW砂砲などのバリエーションも‥‥妄想が止まらないっす(笑)

・はじめまして。
重二砂砲の圧倒的な硬さは癖になりますよねw
カラサワチャージしながら突っ込んでくるのを見てシールド展開したら相手嫌がるだろうなぁとか思いますがさすがにそんな機会はないですねw
そして両手砂砲とはなんという度胸w

静養中の元レイヴンさん>
ビーハイヴA0をベースに模索中だなぁ。中2脚だけど、アレ中々良い耐性してる。取り合えず俺の目指すラインはKE1800かなぁ…

・あー、たしかにアレはいいバランスしてますよね。
私はひとまず1700台後半を目指してますね。TANSYの攻撃力って最大どれくらいなんでしょうね?


ライフル対策

週末は親父殿がいるのでオンできず。
平日に休みになっても高確率で妹と休みがかぶってオンできず。
ええい早くネット環境を改善しなければ……

さて、今日もACV。
ライフル対策を考えているのですが、悩ましいのがTANSYの限界。
まだ情報が少ないので、最大でどのくらい上がるのかがわからないんですよねぇ。
1700台前半に収まるのであればアセンの幅もそれなりに広いのですが、後半になるとずいぶん苦労します。
とりあえず1750を基準に組んでいますが、KE脚以外だとやはりかなり重い機体になりますね。
とはいえTANSYを跳弾させられないことには軽めの機体にさえお手軽に削られてしまうので、最低ラインな気はするんですよねぇ。
現在のところ、TANSYとバトライ全般をほぼ跳弾可能であろう重四脚と、バトライは弾けないだろうけれどTANSYとフルチャージされた一部レーザー以外は弾ける重二を試験中。
うーん、重二で砂砲も案外いけるなぁ。


そしてまたスナイパー

今日は諸般の事情で休んでいたので、昼間でACVやってました。
それにしてもまた鯖メンテ……私がオンできる日に限って鯖メンテってどういうこったい。

さて、今日もACV。
今日は午前中に砂ライを二種ほどカスタムしておりました。
ひとつは、CYCAD SR03-2。
第一世代型とは思えない高バランスを誇る、軽量低負荷気味のスナイパーライフルですね。
で、コイツを速射特化型にしたのですが、だいたい攻撃力2000少々を維持しつつリロード200弱程度までは落とせるようですね。
弾速も1000超を狙えますし、4系の047ANSRのような軽砂ポジションを狙える感じ。
軽二程度のKE防御ならおおむねブチ抜ける程度の単発火力はあるので、KE特化の中量二脚以外には弾かれる心配はなさげです。
DPSはさすがに高くはないので近距離機には向きませんが、ガトから引いた程度の間合いで当てていくなら十分ですね。

もうひとつは先日いただいたコメントで興味を持って作ってみたKO-5K3/ZLATKO。
軽量型ながら最高の単発火力を持つスナイパーライフルで、威力特化に成功すると3750に達する凄まじい火力を手に入れます。
弾速は1000を超えるかどうかといったところですが、当てればバカでかいですね。
そのかわりやはりロックが遅くなってしまうので、最低でもFCSをGLANCEにするくらいは必要ですね。
スナイパーライフルだけに一次ロックでも割と当てていけるといえばいけるんですが、予測射撃がかかるに越したことはないですからね。
できればサブコン積んだほうがいいのですが、そこまでやるかどうかはアセンと相談ですね。

あと作ったのは、ULR-09/A ELKO。
レーザーライフル中装備時消費ENが最も小さいという理由で採用したのですが、射撃時消費ENも小さく扱いやすいですね。
ポジションとしては4系の機動レザでしょうか。
レーザーライフル入門編に一番向いていそうなコレを、これまた速射特化型に。
でもこれは命中型にしたほうがよかったかなーと。
とりあえず威力2400少々で発射時消費EN10300程度のものができあがったので満足。
10300というと、人気モデルであるAULNEE LR230のFIXEDと比較すると半分以下です。
装弾数も120と多めなので気軽に連射できますし、これはいいかもしれない。
アンプついてないこともあって威力はイマイチですけどね。チャージなしだと威力が800程度まで下がってしまう計算ですし。
とはいえ軽〜中量機でまともなTE防御を備えた機体は希少ですし(四脚や重逆脚にいたってはKE防御を重視した構成になりがちでTE防御は500もないことがほとんど)、重二orタンク以外に安定して通じる高弾速ライフルと思えば十分強いのかも。


世界に1つだけの花

あー、しんどー……
木曜が休みになったとはいえ、やはりしんどいです。

さて、今日もACV。
先日オンラインできたときに、いくつかの武器を育てたのですが、お気に入りのが仕上がったのが、CALENDULA RF11でした。
単発の威力を重視したライフル、という触れ込みの第一世代型ライフルで、なにより魅力なのはその高弾速。
威力特化だと600台前半あたりに落ち着くのですが、ガトより一歩引いた間合いで撃てるのが魅力。
また、単発火力は平均で1100台後半、運が良ければ1210くらいまでいきます。
ガト対策に1100台後半までKE防御を高めた機体にも刺さるのがいいですね。
とはいえ差はそうあるものではないので、扱い易くはあるものの際立って強いかといえばそんなことはなかったり。
第二世代型のTANSY RF12と比べて軽量低負荷かつ装弾数で上回ることから、ミッション用の趣が強いかもしれませんね。
対するTANSY RF12は、900を超える高負荷が気になるものの、単発火力が1200台後半〜1350程度まで伸びるため、重逆脚や四脚が落ち着きやすいKE防御1300台前半でもブチ抜けます。
なので、ガト対策を施した機体へのアンチとしてはTANSYが圧倒的に有利ですね。
それ以上のレベルになると、スナイパーライフルじゃないと無理ですね。
威力強化でもいいのですが、CYCAD SR03-2やSEIDENBAUM SR13あたりを速射特化にしても面白いですね。
対KE2000超は軽二か中二、軽逆脚のいずれかで、しかもその構成なら確実にCE防御とTE防御が紙屑同然になるので、砂ライでKE2000を確保して、他の攻撃属性もそれなりに揃えておけばひとまず攻撃が全く通じない事態には陥らずに済むはず。
逆に単発の鬼であるKO-5K3/ZLATKOを威力特化にして、KE防御特化機であろうとブチ抜けるアンチマテリアルライフルを完成させるのも面白いかもしれませんw
もっともZLATKOはリロードがものすごく遅い上にロックも遅いので、サブコン積んでないと辛いかも。
それにしても今回、花や植物の名を冠した銃が多いですね。
花の名前といえばACfAのアルゼブラ社の命名法則でもありましたが、型番だけのパーツもあってパーツ名が覚えづらい今作、こういうのは助かりますね。
サイカッドかセイデンバームでも速射特化にしようかな。サイカッドのほうはもうありますが、木曜にでも本格的に厳選しようかしら。


本日のレス。
1114さん>
脚部雑感参考にさせて頂きます。

自分は現在、四脚機体を使ってます、構え射撃時の安定性向上よりも滞空時間の長さから決定しました、砂使う上で射線の確保が地上よりも空中の方が確保しやすいのが理由です。
攻撃力3700まで鍛えた砂を両手に持てばリロード時間の遅さを感じさせないほどの火力を発揮してくれます。
KE防御最高値が2800台ですがその数値を1でも上回れば50〜60%威力保証されるみたいなので、初めはCEミサイル積んでましたが今ではサブコンピューター積んでます。

本当は補助武器にライフル積みたいんですが現状ガトに完全に食われてるので厳しいですね。

・砂ライ型の狙撃機なんですね。
私は砂砲型の狙撃機で、安定性向上も滞空時間も両方活かさないと溶ける機体ですw
それにしても3700まで伸びるとは・・・ZLATKOさん(ですよね?)恐るべしw
やはりサブコン必須になってしまうんですねー。でもまあ砂ライは一次ロックで当てるのも不可能じゃないですし、妥当といえば妥当ですよね。
ライフルはTANSYさんあたりがガト対策ギリギリの装甲を安定して抜けるであろう意味では強いですが、ほかはちょっと微妙なところですよね。


脚部雑感

明日はオンラインできそうだなーっと。
カレンデュラと砂砲を散々育ててやろう……

というわけで今日はACV。
今回4系とは脚部ごとの役割がずいぶん違うんだなー、と思ったので、ちょっと雑感でも。

・軽量二脚
とにかく積載が厳しい脚部。全攻撃属性を揃えるのも至難の業で、KEとTEはまだ軽量かつ高火力のショットガンやパルスガンがあるのでいいとして、CE属性の攻撃手段を確保するのが難しいですね。
とはいえ、KEとTEの双方に優れていてCEに弱い機体というのは少数派な気がしますね。
バトライ対策してない重量機というのも想像しづらいですし、重量機以外はTE防御がおおむね死んでますしね。
そんなわけで、現状だとショットガン(どう頑張ってもガト)+パルスガン、なスタイルになることが多いんじゃないかなぁ。

・中量二脚
これも積載は厳しい部類なのですが、バトライやミサイルの搭載が普通に可能になって、攻撃属性がまんべんなく揃います。
問題は、それらすべてを揃えようとしたら装甲が犠牲になりがちなところ。
どちらかというと軽二の延長線上にある脚部っぽい感じですね。
防御能力的にはKE防御がデフォで高くなるので、CE重視気味に組んでもガトをある程度弾き返してくれるのが嬉しいかもしれません。
まぁ基本的に近距離戦用の脚部のようですね。

・重量二脚
積載の制限がかなり緩んで、大抵の火器が普通に搭載できるようになるほか、装甲もその気になれば全属性1500オーバーかつ二属性2500オーバーなんてものも組めるようになります。
防御力と機動力のバランスでいえば最上級ですが、ジャンプ力に難があるので、最大の敵は爆発武器の類でしょうね。KEロケとかKEミサとかハウザーキャノンとか。
ゆえに4系の感覚から低空飛行しがちな私はあんまり使っていないのですが、4時代は重二乗りだっただけに、もう一度考えるのもアリかも。
キャノンは構え必須ですが、この防御力で二脚系の特典である構え時の防御力向上がかかるとさすがに凄まじいことになるので、そのあたりを考えるのも面白そうではありますねw

・軽量逆関節脚
軽二とほぼ同規格ながら、ジャンプ力と積載量で勝る感じ。
軽二では積載が厳しすぎると感じるけれど、中二は重いなー、と感じる場合はこれになるのかも。
ジャンプ力があまりにも高いので、上空への領域外離脱が最大の敵。
軽二もそうだったのですが、ここまで積載が制限されてしまうと厳しいですね。
距離維持というか張り付くのが苦手なので、この手の脚部で使うことが多いショットガンやパルスガンを安定して使えないのが大問題なんですが。

・重量逆関節脚
ポジションとして4系の中量二脚に最も近いのがこれではないかなーと。
中量二脚よりもはるかに高い被弾安定のおかげで撃ち合いへの強さが半端ではなく、脚部だけでバトライ対策になっているので、CE防御をことさらに考えなくていいのもいいですね。
中量二脚ではあまり活かせない構え時の防御力向上が、ジャンプ力向上に変わっているので、そういう意味でも効率的。
さらに積載量の制限が少なく、攻撃属性を揃えやすいのも長所で、安定性能の関係上、中量二脚より重いのに高速化しやすいのも……ってええいもう。

・四脚
4系と違って三次元戦闘が得意な脚部。
軽四脚でもせいぜい中量二脚程度のスピードしか出ませんが、CE属性で積載に余裕があるのは重量逆関節と同じで、こちらは構え射撃時の安定性向上が非常に大きいので、他の脚部ではブレてしまうスナイパーキャノンを最もうまく扱える脚部といえますね。
スナイパーキャノンというFCSほぼ度外視で遠距離に大打撃を与える攻撃手段を選べるので、狙撃機でありながら近距離にも強い機体を構築できちゃいますね。
スナイパーキャノンの扱いの癖に慣れて、それをパージするタイミングを把握してしまえば非常にできることの幅が広い脚部ですよね。

・タンク
圧倒的な装甲を誇る意味では重量二脚と同じですが、ブースタを装備していない分だけEN回復力に優れ、またキャノンを構えなしで使用できる脚部ですね。
そのかわりブースタのEN消費がえげつないので、せっかくの回復力増加もそこで相殺されている感じ。
そんなわけで移動力が極めて問題なのですが、火力はキャノンの構えなし使用で他の脚部とは一線を画してますね。
両肩にアンプ積んでパルスキャノンを持たせると、TE防御の低い機体が2〜3発の直撃で撃沈してしまったりする超火力。
それにしてもこの脚部、砂砲対策どうすりゃいいんだろ……

という感じでしょうか。
現状お気に入りなのは中量二脚と重量逆関節、四脚ですね。


本日豊作なり

そろそろ資料のほうもまとめておかないとなぁ……でもACVが楽しすぎる。

さて、今日も今日とてACV。
今日はオンライン二日目だったのですが、主に武器強化をやってました。
傭兵稼業もちょっとやってたので、会った人もいるかもしれませんw
肝心の武器強化なのですが、おおむね豊作といえる結果でした。
育てたのは以下の武器。

・USG-23/H(いわゆる400ガト)
・TANSY RF12(第二世代型の高弾速ライフル)
・LOTUS BR429(第二世代型の高弾速バトルライフル)
・BLUET PG12(第二世代型の弾数重視パルスガン)

豊作だったのはKE、CE三種ですね。

・USG-23/H(威力特化)
ステータス:FIXED / 右 / 左
攻撃力:887 / 1110 / 1159
衝撃力:526 / 571 / 552
リロード:11 / 13 / 12
基本ロックオン時間:35 / 40 / 43
発射速度:501 / 555 / 543
威力保証距離:80 / 90 / 96

というわけで、かなり良い仕上がりだと思っていた右ガトを軽く上回る左ガトが完成してしまいました。
リロードをほぼ損なうことなく攻撃力が1.3倍くらいになっているので、火力がえげつないことにw

・TANSY RF12(威力強化)
ステータス:FIXED / 右 / 左
攻撃力:1143 / 1280 / 1280
衝撃力:744 / 809 / 812
リロード:41 / 41 / 41
基本ロックオン時間:94 / 101 / 100
発射速度:621 / 658 / 663
威力保証距離:90 / 98 / 105

高弾速ライフルの特徴そのままに、リロードを一切損なうことなく威力と射程が伸びました。
基本ロックオン時間が若干延びている以外は純粋強化、本日最大の収穫といえそうです。
ちなみにもう一組作っていて、そちらはこうなっています。

ステータス:FIXED / 右 / 左
攻撃力:1143 / 1337 / 1280
衝撃力:744 / 821 / 848
リロード:41 / 44 / 44
基本ロックオン時間:94 / 96 / 100
発射速度:621 / 663 / 702
威力保証距離:90 / 101 / 100

左ライフルの発射速度がとうとう700を突破しましたw
こちらはリロードが落ちているのですが、右は攻撃力で、左は弾速で、それぞれ実質的なダメージを補っているので、これはこれで強いですね。

・LOTUS BR429(威力強化)
ステータス:FIXED / 右 / 左
攻撃力:1468 / 1776 / 1776
衝撃力:504 / 550 / 564
リロード:75 / 77 / 78
基本ロックオン時間:108 / 113 / 111
発射速度:524 / 583 / 611
威力保証距離:146 / 169 / 166

こちらもライフルと同じような路線で、威力と弾速を強化しつつ、リロード低下を最低限に抑えた育成にできたと思います。
ラッシュ力では他のバトルライフルのほうが上ですが、それなりにロックが速く、かつ他バトルライフルとは一線を画する高弾速から、非常によく当たるのが魅力ですね。



そしてそれらを装備した現在のスノウフラウ。
コアと腕が一段軽いものになっていますが、大差はないですね。
ハンガーに背負った長大なバトルライフルが存在感抜群ですw
攻撃も防御もKE/CEバランス型ですね。


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
当サイトはACfA『非公式』サポーターです
フロム様&オフィサポ様ゴメンナサイ

K1さん特製ブログパーツ
K1さんThanks!
愛機ドラグノフ
みにどら
愛銃
ワルサーP99
ワルサーP99(6mmBB弾モデル)
CLOCK
Twitter
profile
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM