<< マジックアーチャー無双 | main | 胃が痛い >>

スポンサーサイト

  • 2015.05.16 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


硬直ブラックホール

蒸し暑い日々になって、いよいよ夏が迫ってきていますが、私はこれが大歓迎だったりします。
暑さがないとなかなかエンジンがかからない、そんな体質のようです。
私の周囲には暑さが苦手な人が多いみたいなんですけどね。

さて、今日もドラゴンズドグマ。
メイポのミスティは現在ファイター修行中ですが、メイジ修行に切り替えるべきかどうかちょっと迷っております。
でも二周目はウォリアー等を見据えた、それなりに体格のある男主人公にしようと思っているので、メイポは今のうちに物理職を埋めておくのがいいんだろうなーとも思っているわけです。
身長を伸ばしたとはいえ相変わらずサイズSSの細身の女の子にファイターやウォリアーはお世辞にも向いているとは言いがたいのですがねw
主人公はマジックアーチャー。
先日の記事のとおり、個人的にはミスティックナイトと並ぶ強ジョブなわけですが、最も恐ろしいのは小型の敵に抵抗すら許さない戦術を展開できることでしょう。
仕掛けに使うのはふたつ。
ダガースキルの影縫いと、魔道弓スキルの吸魔痕。
どちらも2になると圧倒的に性能が増すため、それが前提にはなりますが。
影縫いは、効果範囲内に踏み込んだ敵を行動不能の状態で拘束する魔法陣を最大2個まで設置する技です。
そして吸魔痕は、矢を打ち込んだ地点(あるいは敵)に、周辺の敵を吸い寄せる技。
この2つを同一地点に設置したとしたら、さてどうなるか。
周辺の敵を吸い寄せた挙句に行動不能にして拘束するという鬼のような技になってしまいます。
吸魔痕で遠距離から敵をかき集め、そこに近寄って影縫いを重ねるという方法もアリですし、影縫いで前方の防御を固めてから、突っ込んでくる敵を無視して影縫いの陣の中央に向けて吸魔痕を放ち、根こそぎ吸い寄せて行動不能に陥れる、というのもアリですね。
いずれにしても、ヘルハウンドだろうがグリムゴブリンだろうがラージアンデッドだろうがサキュバスだろうがガーゴイルだろうが硬直状態で殴り放題になってしまうため、小型相手に苦戦する要素はゼロとなる、それがマジックアーチャーというジョブということですね。
かといって大型戦に弱いかというと全くそんなことはないので、やはり強ジョブですね。
ちなみに次は、メイポのソーサラー修行が終わったので、ソーサラーをやろうと思っております。
久々の魔法特化職。
ポーンたちはヴォルテックスレイジで視界を真っ黒にされても文句を言わないでしょうから、存分にぶっ放そうと思っておりますw


スポンサーサイト

  • 2015.05.16 Saturday
  • -
  • 22:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
当サイトはACfA『非公式』サポーターです
フロム様&オフィサポ様ゴメンナサイ

K1さん特製ブログパーツ
K1さんThanks!
愛機ドラグノフ
みにどら
愛銃
ワルサーP99
ワルサーP99(6mmBB弾モデル)
CLOCK
Twitter
profile
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM