<< いざ北方海域へ | main | 空母コンプ >>

スポンサーサイト

  • 2015.05.16 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


水雷戦隊の可能性について考えてみる

ようやく雨が上がりました。
夏の間は各地のダムが底をつきそうだというニュースが流れていましたが、多少は回復したのでしょうか。
暑さはすっかり影を潜めて、夜に窓を開け放っていると寒さを感じるほどになってきましたね。
これから秋、そして冬になってきますが、ああ・・・また寒さに悩まされるのか。
冬の暖房費に備えて今から稼いでおかないとなぁ。

さて、今日も艦これ。
現状、人気の艦種といえば・・・

・戦艦
・正規空母
・重雷装巡洋艦

この3つがトップだと思います。
この組み合わせの特徴はというと、先制攻撃能力に優れる艦種だということ。
空母については言うまでもないでしょう。
敵に空母がいなければ、航空戦はこちらの一方的な攻撃となります。
これによって敵の数を減らしたり、破損させてスペックを下げたり。
相手に空母がいる場合も自軍の航空戦力は非常に重要な要素ですから、そりゃ人気も出ます。

続く重雷装巡洋艦は、甲標的を装備することで先制雷撃が可能となるのが特徴。
それ自体は水上機母艦にも可能ですが、雷撃能力に天と地ほどの差があります。
潜水艦も可能ですが、こちらは現状建造することができませんから、入手できている提督が限られています。
先制雷撃そのものは非常に強力ながら、一体の敵にしか攻撃できないぶん、航空戦力に比べると見劣りするようにも思えます。
ではなぜ重雷装巡洋艦が人気なのかというと、潜水艦対策ですね。
主力艦である戦艦や正規空母は潜水艦に対して完全に無力ですから、これへの対抗策が欲しいというのは当然。
しかし駆逐艦や軽巡洋艦は、主力艦が得意とする砲撃戦までのターンでは実力を発揮できません。
重雷装巡洋艦は砲撃戦に入る前に先制雷撃で敵艦を一隻沈めてくれることを期待できる上、対潜水艦も得意。
通常時も戦力として見込めて、艦隊の弱点も補完できる。
実に便利な存在というわけですね。

戦艦については言うまでもないでしょう。
高い攻撃力と防御力で長いマップも安心して突破できる上に、砲撃戦を2ターンに増やす特性から、空母が戦える時間を長くできる。
46cm砲があれば大抵の敵には先制攻撃を仕掛けられますし(ただし二人目以降についてはどういう理屈なのか先に敵が攻撃してくることも多々)、後出しになっても戦艦クラス、正規空母クラス以外から致命傷を受けることは滅多にありません。

とまぁ、主に先制攻撃能力が魅力らしいという感じ。次いで硬さ。
長いマップを攻略するには「いかにダメージを受けないか」が肝心になりますから、ダメージを受ける前にできるだけ敵を減らしたい、受けたとしても軽傷で済ませたい、こういった理論にたどり着くのは当然といえるでしょう。

では、駆逐艦、軽巡洋艦、重巡洋艦など現状あまり注目されない艦種に強みはないのでしょうか。
彼女たちに共通しているのは、雷撃戦と夜戦に対する高い適性です。
駆逐艦であろうが、雷撃戦や夜戦にさえ持ち込めばフラ戦を一撃で沈めることも可能です。
ところが、航空戦は言うに及ばず、砲撃戦に対してあまり強くはありません。
そのため、この2ターン(戦艦が混じっていれば3ターン)を不利な状況で切り抜けなければなりません。
それも、中破以上のダメージを受けない前提で、です。
中破以上のダメージを受けていたら雷撃戦や夜戦には参加できませんし、そんな状態で夜戦に突入すれば下手をすれば轟沈です。
そんな、紙装甲なのにカウンターパンチャーというゲームシステムに嫌われている感がある彼女たちをいかに運用すればいいのか。
ちょっと考えてみたいと思います。

・艦隊の構成
まず言えるのは、巡洋艦以下を主力にするなら「絶対に戦艦を混ぜてはいけない」ということ。
相手に戦艦がいる場合は諦めるしかないとしても、いない場合まで苦手な砲撃戦ターンを増やす意味はないと言っていいです。
そうするなら戦艦と正規空母を中心に構成したほうがいいに決まっているのですから。

・偵察&航空戦対策
巡洋艦や駆逐艦の対空は、あまり高いとは言えません。
スロット的にも、最終的に3スロットの艦が多いので、対空砲を搭載する余裕がある艦はほとんどいないでしょう。
また偵察についても同じく、偵察が高い艦はそう多くない上、偵察機を搭載する余裕がある艦も少ないでしょう。
ではどうするかというと、これは空母を一隻混ぜるしかないと思われます。
正規空母か軽空母かは好みによるでしょうが、艦隊の特性を鑑みるに高速艦のほうがいいでしょう。
現状、艦の速度はほとんど影響がないようですが、アップデート次第でどう変わるかわからない以上、他の艦の足を殺してしまう低速艦を回避重視の艦隊に混ぜるのはまずいでしょう。
小規模な艦隊に配属してくださいと自ら営業してくるあの人とか、ちとちよ姉妹あたりの軽空母か、それとも正規空母か、でしょうね。
搭載する航空機についてですが、この場合は艦隊の防衛及び偵察が主な役割となるので、最も少ないスロットに彩雲、残りは艦戦を載せるのが理想でしょうか。
防空戦力が十分なら艦攻を載せるのもアリですが、敵に複数空母がいる場合に制空権がとれないと壊滅状態に陥る危険があるので、空母多めのステージで航空優勢(できれば制空権確保)をとれる程度の艦戦は確保しておくほうがいいかと思います。
また艦隊の性質上、回避重視で単横陣を組むことが多くなると思われるので、回避が高い艦を優先的に配備するといいかもしれないですね。
ちなみに該当する艦は飛龍、翔鶴、瑞鶴、千歳航、千代田航です。
空母自体が回避の高い艦種ですから、あまり気にしなくていいかもしれませんが。

・砲撃戦対策
これについては、重巡以外は捨てるしかないと思います。
軽巡や駆逐は多少強化したところで火力を大幅に伸ばすのは不可能ですし、敵の主力艦にまとまったダメージを与えるのはクリティカルが出てもありえるかどうか。
なので、対空を上げる以外の目的で砲を積むのはほぼ無意味だと思われます。
ギリギリ、軽巡に3号連装砲3積みを施せばいけなくはないかもしれませんが、それをやるなら重巡でいいんじゃないかという話になりますし、駆逐艦に関しては装備できる火砲の火力補正が+2どまりなので話になりません。砲撃戦は放棄するしかないでしょう。
砲撃戦での殴り合いに対処できる戦力が欲しいなら、重巡に砲を満載するというのが一番ではないかと思います。
しかし艦隊全体の特性を活かすには回避重視で単横陣を使うのがデフォになるでしょうし、そう考えると低い火力を巡洋艦クラスが使える火砲で若干補ったところで意味がない気はします。

・潜水艦対策
これは軽巡に爆雷を持たせるのが一番いいでしょう。
駆逐も潜水艦への対抗は可能ですが、対潜能力に関しては軽巡のほうが優っていますから、ここは餅は餅屋といったところでしょう。

・雷撃戦
ここが華です。
一応夜戦もありますが、ここまでに中破が出てしまえば夜戦は轟沈の危険を伴うリスキーな行動になりますので、できれば雷撃戦で決めてしまいたいところ。
ですが、ここで罠がひとつ。
これまでの戦闘ターンをほぼ完全に放棄しているため、敵がフルメンバーで残っている可能性が高いのです。
これが何を意味するかというと、魚雷が狙う敵がバラけてしまい、トドメを刺せる確率が減るということ。
さすがに夜戦突入前に一撃必殺の雷撃が可能な艦は重雷装巡洋艦か島風、雪風くらいしかいないでしょうから、それ以外の艦の雷撃がばらけるのはできるだけ防ぎたいところ。
ですが航空戦や砲撃戦に関してはほぼ放棄してしまっています。
さあ、どうしましょう。
1.空母を増やす
まずはこれ。一隻で制空権をとれないのなら二隻入れてしまえという理屈。
これによって艦戦を二隻に分散させられますから、その分艦攻を搭載すれば、航空戦による先制打撃に期待できるようになります。
砲撃戦ターンでも空母は高い火力を発揮できますから、敵の数を減らす、または雷撃戦で単発しか当たらなくてもトドメを刺せる程度に消耗させることは十分に可能でしょう。
非常に高い効果が望める一方、雷撃戦と夜戦では戦力にならない艦が増えてしまう難点はあります。
2.重雷装巡洋艦を配備する
重雷装巡洋艦は主力艦隊の対潜要員としても優秀ですが、砲撃戦が苦手という軽巡洋艦の弱みはそのままです。
むしろ本来は、水雷戦隊としての戦いのほうが向いている艦種といえます。
圧倒的な威力の先制雷撃も持っていますから、敵の数を減らしたい需要も満たせます。
二隻しかいないので最大でもそこまでしか配備できない数の制限が最大の難点でしょうか。
3.重巡洋艦
さすがに戦艦クラスを砲撃戦で落とせ、というのは重巡にも荷が重い任務となりますが、駆逐艦や軽巡洋艦クラスなら一撃で落とせる可能性は十分ありますし、だいたいそういう艦は混じっているものですから、数を減らす需要を満たすには十分と言えるでしょう。
運良く落とせる艦を狙ってくれるかどうかはわかりませんが・・・
効果も少ないですが、防御力や本番となる雷撃戦、夜戦への適性が高い利点もあります。
4.結論
というわけで、この3つあたりから敵を減らす役割の艦を選ぶ感じになると思います。

・具体的に編成してみる

案1
旗艦:軽空母(艦戦/艦戦/艦戦/偵察)
重雷装巡洋艦(甲標的/魚雷/魚雷)
重雷装巡洋艦(甲標的/魚雷/魚雷)
重巡洋艦(砲/砲/砲/砲)
軽巡洋艦(魚雷/魚雷/爆雷)
駆逐艦(魚雷/魚雷/魚雷)

旗艦が空母なのは入渠時間対策。
航空戦で数を減らせない分を、重雷装巡洋艦二隻と重巡洋艦でカバー。
潜水艦は軽巡洋艦に持たせた爆雷を中心にカバーし、雷撃特化の駆逐艦には本番での打撃に期待します。
単横陣で回避しまくる方針ですが、問題になるのは敵に潜水艦が混じっていた場合。
一隻程度なら何の問題もないと思いますが、複数いると、そちらばかり狙ってしまって他の敵を減らせなくなってしまいますし、まかり間違って雷撃戦まで生き残らせてしまおうものなら、重巡洋艦以外全員の魚雷がそちらに向かってしまいますから、潜水艦に対してはオーバーキルでも、他の敵が無傷のままという事態が起こりえるのが怖いところです。
空母に関してはどうせ対艦攻撃力には期待していないので潜水艦を狙おうが一向に構わない、ということで燃費重視で軽空母に。

案2
旗艦:正規空母(艦攻/艦攻/艦攻/艦戦)
正規空母(艦攻/艦攻/艦戦/偵察)
重雷装巡洋艦(甲標的/魚雷/魚雷)
重雷装巡洋艦(甲標的/魚雷/魚雷)
軽巡洋艦(魚雷/魚雷/爆雷)
駆逐艦(魚雷/魚雷/魚雷)

こちらは空母を増やしてみたパターン。
空母が正規空母なのは、今回は対艦攻撃力にも期待しているので、潜水艦を狙わせないためです。
コストを下げたいのであれば、一隻を軽空母にして艦攻を艦戦に変更、正規空母側に艦攻を増やすというのがいいのではないでしょうか。
ただしその場合、砲撃戦ターンでの手数が減る問題はあります。地味に痛手。
もしくは、できるだけ低コストな飛龍&蒼龍を使うという手も。

燃費などを考えて、どれを選ぶか決めたいところです。
水雷戦隊というよりは空母機動部隊といった趣になりましたね。
できるだけコストを軽減しつつ実戦向けの艦隊を編成してみたつもりです。
主力艦隊が入居中、資材不足で出撃できないなどの状況下で映える・・・かも。

スポンサーサイト

  • 2015.05.16 Saturday
  • -
  • 22:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
当サイトはACfA『非公式』サポーターです
フロム様&オフィサポ様ゴメンナサイ

K1さん特製ブログパーツ
K1さんThanks!
愛機ドラグノフ
みにどら
愛銃
ワルサーP99
ワルサーP99(6mmBB弾モデル)
CLOCK
Twitter
profile
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM