<< 空母コンプ | main | 戦艦の装備について >>

スポンサーサイト

  • 2015.05.16 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


空母の装備について考える

シフトの都合から三連休になりました。
いやぁ、いいわー。

さて、今日も艦これ。
ACVD? 知らない子ですね・・・
さて、瑞鳳が改になり、現在の艦隊はこんな感じ。


まだ瑞鳳、北上、瑞鶴の三名が近代化改修を終えていないとはいえ、戦力はひとまず整いました。
空母三隻、戦艦二隻、重雷装巡洋艦一隻というほとんど空母機動部隊なわけですが、陣形はいつも複縦陣。
輪形陣ってどうなんだろう。

さて、今日は空母の装備について。
現在我が艦隊の空母の装備はこんな感じ。

・瑞鳳改
1:烈風(戦)x18
2:流星(攻)x12
3:流星(攻)x12
4:15.5cm三連装副砲

・加賀改
1:流星改(攻)x20
2:流星(攻)x20
3:烈風(戦)x46
4:彩雲(偵)x12

・瑞鶴改
1:流星改(攻)x24
2:彗星一二型甲(爆)x24
3:烈風(戦)x24
4:15.5cm三連装副砲

という感じです。
最終的に攻撃機は全部流星改にしてしまいたいところですが、実現はまだ先ですね。
4割近くが戦闘機という防御重視の構成です。
いやぁ、ボーキサイトが減らない減らない・・・

さて、ではここで軽く4種類の艦載機についておさらい。

・艦上攻撃機(艦攻)
魚雷を搭載した、対艦攻撃用の艦載機。
ダメージが若干安定性に欠け、また撃墜されやすくボーキサイトの消費が激しくなりがちですが、攻撃力は極めて高いです。
基本的に対艦用の機体はこれが選ばれることが多いです。

・艦上爆撃機(艦爆)
爆弾を搭載した、対艦攻撃用の艦載機。
艦攻に比べると攻撃力は劣るものの、比較的撃墜されにくいというメリットがあります。
艦攻ではボーキサイト消費が激しすぎると判断される場合に採用されますが、装甲に阻まれて大型艦にダメージが通らない場合も多いので、殆どの場合、採用されるのは彗星一二型甲のみですね。

・艦上戦闘機(艦戦)
敵航空機の撃墜と、味方航空機の護衛を任務とする対空攻撃用の艦載機。
敵艦に対してのダメージソースにはなりませんが、味方艦攻・艦爆の被害を減らしたり、敵が放った航空機を撃墜して制空権を掌握するなど、重要な役割を占めています。
多めに配備していると制空権争いで負けることが減りますし、ボーキサイトの消費量も格段に減少します。

・艦上偵察機
現在は彩雲のみであり、彩雲と呼ばれることのほうが多いカテゴリ。
戦闘には参加しませんが、開幕の偵察行動で敵艦隊を捕捉、命中・回避で有利な条件を得られるようになります。
また彩雲を空母に搭載していると、丁字不利の状況に陥ることがなくなるので、一隻でいいので最も少ないスロットにこれを搭載するのがセオリーになっていますね。

以上から、目的に応じた機体を選択するのが基本です。
また、重巡洋艦クラスまでの火砲を積むこともできるのですが、これにはなんの意味があるかというと、一言では説明できません。
人気なのは15.5cm三連装副砲ですが、これを積むメリットはというと・・・

・火力が上昇するため、艦載機が発揮できる攻撃力が底上げされる。
・射程が「中」になるため、砲撃戦1ターン目の攻撃順が早めに回ってくる。
・命中が向上する。

このあたりです。個人的に二番目の要素が一番大きいです。
正規空母、軽空母ともにデフォルトの射程は「短」なので、攻撃順は一番最後に近いところになります。
敵よりも先に行動して撃沈することができれば、こちらが受ける被害を格段に減らせますから、非常に重要な要素です。
ではこの副砲も含めて、艦載機をどう積むべきか考えてみましょう。

・艦攻と艦爆はどちらを選ぶ?
これは基本的に艦攻です。
艦爆が撃墜されにくいといっても程度問題ですし、攻撃力で劣るぶん、ダメージが思ったように通らないことのほうが多いです。
激レアの彗星一二型甲であれば下手な艦攻より強力なので選択肢になりえますが、それ以外の艦爆を選ぶくらいなら天山でも積んでいたほうがいいでしょう。

・艦攻はどう積む?
空母の装備スロットには、それぞれ空母固有の搭載数制限があります。
ではたとえばの話、20機積めるスロット2つと、40機積めるスロット1つを持つ空母がいたとして、艦攻を積むとします。
この場合、20機スロット2つに分散して入れるべきか、40機スロットに集中して入れるべきか。
1スロットごとの艦載機数は攻撃力に直結しますから、集中して積めば、その艦載機が発揮できる火力は向上します。
逆に分散した場合、単体の火力は落ちるでしょうが、二機発進させることができるので、同時に複数の敵を攻撃できるようになります。
どちらをとるかは非常に悩ましいところだと思いますが、私は分散配置派です。
理由は、駆逐艦や軽巡洋艦を撃沈するなら20機程度でも十分だから。
戦艦や重巡洋艦の相手は戦艦に任せる方針なので、彼女たちのターゲットを散らす原因となる小型艦はさっさと落としてしまいたいですし、そうなると数がほしい、というわけです。

・艦戦はどのくらい積む?
おそらく全体で50機程度いれば、深海棲艦の空母二隻程度までなら制空権を失うことはないでしょう。
ですが、相手に空母がいない場合、対航空機用の艦戦は無用の長物といえます。
なので、これは提督によっていくつかの方法論があります。
ひとつは、艦載機の損害を完全に度外視して艦戦を積まず、艦攻特化にする方法。
敵に空母がいなければ絶大な攻撃力を発揮することが可能ですが、空母がいた場合、ほとんどが撃墜されてしまい、制空権を失う上に、大量のボーキサイトを失う結果となります。
もうひとつは、空母を攻撃手段ではなく防衛戦力として捉え、艦戦のみを搭載する方法。
対艦攻撃力のない艦を一つ抱える結果になりますが、そのかわり敵の空母系をすべて置物同然にしてしまうことができます。
最後はバランス型で、味方艦攻の損害を抑える程度に艦戦を混ぜておくというものです。
私はこれに近く、全体の4割、合計88機の烈風を搭載しています。
深海棲艦相手なら艦載機の損害は極めて小さいですし、演習でも制空権を失うケースはほぼありません。
なにしろ艦戦ガン積みの正規空母一隻と同程度ですし、その構成の空母を複数入れる物好きな提督はそうそういません。
またその運用の場合、第四スロットに彩雲を載せる提督が多いですから、最大の搭載数を持つ加賀でさえ86機と想定できますので、やはり悪くても互角です。
ここはまあ、艦隊の半分が空母という艦隊ですから、バランスでもそのくらいはいける感じですね。
艦攻と艦戦の黄金率はよくわかりませんが、艦戦特化の艦隊と演習を行うことを想定するなら、1〜3スロ烈風ガン積みの加賀と互角の現構成でちょうどいいのかな、と。

・副砲と艦載機、どっちがいい?
これは一概には言い切れない部分があるのですが、私は搭載数一桁のスロットなら艦攻や艦戦より副砲のほうがいいと思います。
先ほど述べたとおり、本来最も後回しにされる攻撃順を大幅に繰り上げることが可能ですから、艦隊全体の損害を減らす意味では大きな貢献が可能です。
艦攻を積んでも、いくらなんでも搭載数一桁では仕留めそこねる可能性がありますし、それよりは他スロットの攻撃力や命中率を向上させたほうがなんぼかマシなんじゃないかなぁ、なんて思うわけです。
無論、そこに彩雲を積むという手もありますから、誰か一人はその構成でいいと思いますが、他の空母については副砲でいいんじゃないかと思っております。

こんな感じでしょうか。
攻撃順に関しては、やはり瑞鳳、瑞鶴が先に来て最後に加賀、という順番になるので、副砲ってとても大事だなと思う次第です。

スポンサーサイト

  • 2015.05.16 Saturday
  • -
  • 23:49
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
当サイトはACfA『非公式』サポーターです
フロム様&オフィサポ様ゴメンナサイ

K1さん特製ブログパーツ
K1さんThanks!
愛機ドラグノフ
みにどら
愛銃
ワルサーP99
ワルサーP99(6mmBB弾モデル)
CLOCK
Twitter
profile
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM