<< 空母の装備について考える | main | 次の改二は・・・? >>

スポンサーサイト

  • 2015.05.16 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


戦艦の装備について

半月ほど前の話になるのですが、コルトガバメントM1911A1のグリップを、木製のものに交換してみました。
グリップには実銃と同じ重さにするための重りが詰めてあったので、多少軽くなってしまってはいるのでしょうが、外見的には非常に渋い感じに仕上がってくれました。
うーん、手に馴染むぜ・・・

さて、今日も艦これ。
大抵の提督が一隻は入れているであろう戦艦。
強力な水上機が一般配信されていない現状、航空戦艦ですら戦艦と同じ運用をされていますから、ここはもう同一視してしまいましょう。
戦艦の種類は大きく分けて3つ。
大和、長門、陸奥が属する低速の戦艦。
火力と装甲をとことんまで突き詰めた、砲戦の鬼ですね。
次に、金剛型四姉妹が属する高速戦艦。
火力と装甲は大和や長門型に譲りますが、回避で勝るほか、他艦の回避能力に悪影響を及ぼすこともありませんし、若干燃費で優れます。
最後に航空戦艦。伊勢型と扶桑型の姉妹がこれですね。
低速戦艦の装備に加えて、瑞雲などの水上機を搭載できるのですが、現在一般配信されている水上機の最上位機種はあまり強くない瑞雲なので、砲や電探などを載せて戦艦と変わらない運用をされていることのほうが多いですね。
では、どういう装備を施していくべきなのか・・・

・あれが噂の46cm砲
戦艦用の主砲はどれも射程:長ですが、これを上回る射程:超長を誇る砲があります。
大和の主砲として知られる、46cm三連装砲です。
航空戦、先制雷撃後の砲撃戦で、少なくとも一隻は先手をとれる非常に強力な装備です。
威力も最も高く、戦艦を運用する上で絶対に欲しいと言われる装備・・・なのですが。
この46cm砲、命中率が低いのではないかという説があります。
実際、知人の提督などの話を聞いていても、46cm砲の命中率が悪く41cm砲にしたほうがいいのだろうかという悩みも。
しかし私は使っていて全くそんなことはないと感じていたりして、どういうことなんだろうと考えていると・・・ひとつの仮説にたどり着きました。
命中率が低いと嘆いている人と、そうでない人。
その違いは、「射程:長の砲を搭載しているかどうか」であると。
たとえば46cm砲、15.5cm副砲、九一式徹甲弾、電探という装備。
これだと命中率が下がってしまうようなのです。なぜか。
逆に私が金剛型に乗せているような、46cm砲、15.5cm副砲、任意(対空砲等)、41cm砲、といった感じの装備だと、特に命中でのデメリットを感じることはなくなるようなのです。
厳密な統計をとったわけではなく、ただの体感ですが、両者の間にはかなりの差があるようです。
なので、特に確実な根拠があるわけではないのですが・・・
46cm砲と41cm砲は一緒に積もうね!
というのが我が艦隊のルールだったり。

・副砲の存在意義
戦艦から軽巡洋艦、果てには空母にまで愛される15.5cm三連装副砲。
この副砲、なんの意味があるのかとわからない人もいるでしょう。
どうやら、2ターン目の砲撃戦での命中率に関わってくるようです。
もちろんステータスとして命中+を持っていますから1ターン目も上がるのでしょうが、2ターン目においては射程:中以下の砲がないと命中率が落ちるようで、この際に副砲が力を発揮する、という感じのようです。
カットインでも副砲を装備している場合そちらを使っていることが見て取れますが、威力が落ちるわけでもなく、あくまで艦そのものの火力に依存しているようです。
金剛型以外であれば重巡の主砲でもOKですが、そもそも15.5cm三連装副砲が重巡の主砲と同等のスペックの持ち主なので、3号連装砲でも持っていない限りは15.5cm副砲で十分でしょう。

・残り1スロットは?
ここまでで私の搭載方法を採用すると3枠が埋まるのですが、最後に一つ余ります。
戦艦用装備として候補に上がるのは、だいたい以下の装備。

対空砲
三式弾
九一式徹甲弾
電探
46cm砲もういっこ

対空砲は自衛用ですね。敵空母からの艦載機を迎撃して被害を減らせます。
三式弾も対空防御用。発動率が低いという難点こそあるものの、発動すれば艦隊全体の防衛が可能で、航空機がすごい勢いで落ちます。
九一式徹甲弾はクリティカル率が上がるとのことですが、その効果を疑問視する声もあり、私がこれを搭載できない金剛型ばかり使うこともあって実際のところよくわかりません。
電探は命中の向上に役立ちます。敵のエリート戦艦、フラッグシップ戦艦も積んでいて非常に厄介ですが・・・
46cm砲は、ある意味一番わかりやすい効果ですね。火力が上がります。
もっともレアものですから、そうそう数を揃えられるかといえば難しいんでしょうけどね。

まぁだいたいこんな感じでしょうか。
私は現在二隻の戦艦、榛名と霧島を採用していますが、

榛名
46cm三連装砲(主砲)
15.5cm三連装副砲(副砲)
12cm30連装噴進砲(対空砲)
41cm連装砲(主砲)

霧島
46cm三連装砲(主砲)
15.5cm三連装副砲(副砲)
25mm三連装機銃(対空砲)
41cm連装砲(主砲)

という組み合わせで運用しています。
命中率は非常に良好ですし、火力も演習で長門型を一撃で仕留めることもあるなど十分。
というか霧島さん・・・あなた心なしか戦艦撃つ時クリティカル量産してませんか・・・

残り一隻は重雷装巡洋艦の北上さまですが、これはまぁ・・・

15.5cm三連装副砲
甲標的
61cm5連装(酸素)魚雷

という組み合わせ。皆さんだいたいこんなもんですよね?

スポンサーサイト

  • 2015.05.16 Saturday
  • -
  • 18:13
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
当サイトはACfA『非公式』サポーターです
フロム様&オフィサポ様ゴメンナサイ

K1さん特製ブログパーツ
K1さんThanks!
愛機ドラグノフ
みにどら
愛銃
ワルサーP99
ワルサーP99(6mmBB弾モデル)
CLOCK
Twitter
profile
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM