<< 機動部隊って響きがカッコいいよね | main | 弾着観測射撃について? >>

スポンサーサイト

  • 2015.05.16 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


暇潰しに駆逐艦講座?

いつでも貧乏、低空飛行の自転車操業な私ですが今日も元気です。
もうちょっと余裕ほしいなぁ。

さて、今日も艦これ。
巡洋艦強化月間ということで、とりあえず川内を改二にしました。
いやぁ・・・探照灯と照明弾のコンボつえぇ・・・夜戦マップが怖くねぇ・・・
もうすぐ綾波もLv70に達するので、照明弾はあと一つ入手できる見通し。
次は羽黒かな。

さてさて、暇なので今日は軍艦についてちょっと紹介。
艦これで誰もが一番最初に手に入れる艦、それが駆逐艦ですね。
英語で言えばDestroyer。なんかカッコいいです。
というわけで、駆逐艦を紹介していきたいと思います。

・睦月型
艦これでは最古参となる駆逐艦。遠征の星。
日本駆逐艦のトレードマークとなっていく12.7cm連装砲はまだ装備されておらず、単装砲しか積んでいなかったりします。
出力も低かったですが、速力は意外にあったようで37ノットと快速です。
名前は月名から取られていますが、後に建造される秋月型も月の名を冠しているので、ちょっとめんどくさいです。


・吹雪型/綾波型/暁型
人呼んで特型駆逐艦。
それまでの駆逐艦より大型の船体に、38ノットも出る加速性能やら、同時9門発射可能な魚雷発射管やら、12.7cm砲6門やら、これでもかというくらい火力とスピードをぶち込んだ艦です。
あまりに完成度が高かったので、米軍将校が「うちの駆逐艦200隻より吹雪型50隻が欲しいわ」と漏らしたり、駆逐艦の保有制限を課す軍縮条約の条項を産んでしまったりと、色々と革新的な艦でした。
設計を見直しながらたくさんの艦が作られ、大別すると特儀拭平畧齋拭法特況(綾波型)、特祁(暁型)と分かれますが、基本的にはほぼ同型艦と思っていいですね。
ちなみに速力に関しては後継艦よりも速いです。

・初春型
先述の軍縮条約のせいで大型駆逐艦をたくさん作れなくなった日本が、一回り小型の艦として作ったのがこの初春型。
火力も速力も大幅に減少してしまい、それでも積みすぎで転覆しかけるなど、全体的に見れば失敗作に近いのですが、これでも戦後ギリギリまで頑張って戦った艦もいたりするので、なんやかんや戦うには十分だったようで。

・白露型
初春型の問題点を踏まえて設計変更を施されたタイプ。船体はやはり小型です。
船体強度は少々物足りないものの、低重心化で安定はしましたし、火力も四連装魚雷発射管を装備して特型とほぼ変わらないレベルまで戻りました。
速力は34ノット少々とやはり遅かったのですが、実際使っていたら35ノットくらいは出せたり、航続距離も思ったより長かったり、もうちょっとテストを重ねていたら白露型がそのまま大量に作られていてもおかしくないくらいには高性能な艦だったようです。
やたらと派手な戦歴の艦が多いのが密かな特徴。

・朝潮型
軍縮条約の縛りを抜けて、再び大型化したのがこのタイプ。
速力は特型ほど速くはないですが35ノット。
小型駆逐艦で問題になった船体強度の問題もクリアされ、以後の駆逐艦の基本となる設計となりました。
すぐに改修型にあたる陽炎型が登場したのでさほど多くは量産されていませんが。

・陽炎型/夕雲型
日本海軍の駆逐艦のベストセラー。日本一有名な駆逐艦であろう雪風もこのクラスです。
朝潮型の拡大発展版ですが、そう大きな違いがあるかといえばなかったり。
あえて言うなら竣工当時から酸素魚雷を装備していたことくらいでしょうか。
夕雲型は陽炎型のマイナーチェンジ版のようなもので、改陽炎型と言ってもいい感じ。
秋雲が「陽炎型なのか夕雲型なのかよくわからない」と言われたのもさもありなん。

・島風
島風「型」になるはずが、量産されず一番艦しか作られなかった島風。
本人が主張している通り最速の駆逐艦で、速力は40ノット。時速75kmほどの高速です。
しかも火力は特型もビックリの5連装魚雷発射管3門、すなわち同時15門斉射可能。
お前はどこの重雷装艦だ。
艦隊型駆逐艦としてはハイエンドとなる艦なのですが、量産に向かない高コストな艦、かつ艦隊戦そのものが時代遅れとなりつつあり、遅すぎた最新鋭艦となってしまいました。
その最期の戦いで、砲撃も爆撃も一発も喰らわなかったのがせめてもの意地でしょうか。

・秋月型
まだ実装されていませんが、時代に対応して雷撃能力を落とす代わりに対空能力を高めた「防空駆逐艦」です。
特型や陽炎型よりも大きな大型の駆逐艦で、駆逐艦を使っている提督なら誰でもお世話になるであろう10cm連装高角砲の本来の持ち主でもあります。
25mm対空機銃が高度5000m、12.7cm連装高角砲が10000mまで届いたのに対して、この10cm連装高角砲はなんと13000mまで届く優れもの。水平距離でも20000m近くまで届いたようなので、駆逐艦としては破格の長射程ですね。
うーん、実装まだかなぁ。

いいのかこんな紹介で、と思わなくもないですが、特に何もやることがなく暇なのが悪いのです。
書きながら台所のパイプの詰まりをどうにかしようとパイプユニッシュを使ったのですが綺麗に取れました。すげぇ。

スポンサーサイト

  • 2015.05.16 Saturday
  • -
  • 13:06
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
当サイトはACfA『非公式』サポーターです
フロム様&オフィサポ様ゴメンナサイ

K1さん特製ブログパーツ
K1さんThanks!
愛機ドラグノフ
みにどら
愛銃
ワルサーP99
ワルサーP99(6mmBB弾モデル)
CLOCK
Twitter
profile
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM