<< メリハリが大事? | main | くろす×とりがー >>

スポンサーサイト

  • 2015.05.16 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


中量二脚のススメ

帰ってきたのが30分ほど前のことです。
プログラムの授業のほうはスムーズに「進みすぎて」いるので、もはや半数近くのメンバーが自分の好きなプログラムをフリーダムに組んでいる状況なのですが……
所詮は独学ということなのか、バグが多いのなんの。
で、自分で撒いたバグを自分で取るデバッガー訓練大会と化しておりました。
「これ自分がやってるから『俺こんなミスしてるよハハハハ』とか言えるけど、他の奴がやったら絶対怒りますよね〜w」
「『もっと丁寧に組め、俺の仕事増やすんじゃねぇよカス』とかね〜w」
とか言いつつ。うん、楽しいですw
まぁ、そんなこんなでデバッグ作業に手間取った結果、こんな時間になってしまったわけで。

さて、今日もACfA。
今日は中量二脚について。
ACではよく「汎用機より特化機が強い」と言われます。
でもこれ、誤解です。
特化機が強いのではなく、特化機のほうがアセンや操作がわかりやすい、と言うだけの話。
軽量二脚はどんな相手にも接近して戦いますし、ガチタンは距離を取ってなんぼです。
逆に言えば相手によって戦法を変える必要があまりないため、わかりやすいし、一つの技術を習熟するのに集中できるため、早期に強くなれる。それが強み。
汎用機は、ともすれば器用貧乏、劣化特化機と化す上に、特化機に対する長所を活かすためには、当然「特化機の短所が何か」というのを感覚として知っていなくてはならないので、あらゆる脚部を、その特性やらなにやらを見ただけでわかるまで乗りこなした経験が必要不可欠です。
汎用機の代表格である中量二脚が、たまに『全脚部を経験した熟練者が乗ってはじめて真価を発揮する』といわれるのはこのためです。

個人的には重量二脚もやや汎用機の範疇に入ると思うのですが、やはり汎用機といったら代表は中量二脚でしょう。

全般
重量:並。ものにもよるが基本的に軽くも重くもない。
消費EN:ものによるが、二脚系の中ではかなり低い部類のものが多い。なぜか。腕部はものによる。
AP:重量二脚に次いで高い部類。
実弾防御/EN防御/PA整波性能:ピンキリだが、総合的に見ると平均レベルに収まる場合多し。

腕部
運動性能:軽腕程ではないが高い。X鳥ならどんな腕だろうと至近距離でも余裕。W鳥は物次第。
照準精度:ものによる。トップクラスからワーストクラスまで。低いものもチューンすれば中距離は無問題。
射撃安定:軽腕とは比較にならない。至近距離で当てるマシンガンはともかく、300以上の距離でアサルトライフル、ライフルを使うのであれば軽腕とは明らかに集弾率が変わる。

旋回性能:至近距離まで大丈夫なものは少ないが、距離300くらいまではどの脚部も大抵いける。
安定性能:よほどの重キャノン以外は大抵普通にぶっ放せる。

というわけで、距離300〜の中距離戦を得意とするカテゴリだということがわかります。
それを踏まえて。

・軽量二脚のアンチアセン
中量二脚というカテゴリは、その存在自体が軽量二脚のアンチアセンといえます。
なぜかといいますと、軽量機にとって一番嫌な相手は、自分に近い機動力を持ち、かつ自分より硬い相手だからです。
機動力に差がありすぎる重量二脚、タンクでは、追いつかれて撹乱されることも多いでしょうが、中量二脚はそれらの脚部をベースとしたアセンとは重量差がかなりありますから、軽量二脚側から見ると非常に困った存在になります。
まして軽量機は、重量機を叩き落とすために近距離用の高火力武器を主力にしている事が多いですから、なおさら近距離に詰め寄れない状況を作り出されるのを最も嫌います。
そんなわけで、「軽量機に近距離を維持させない程度の機動力」を保っている限り、中量二脚は軽量機に対して有利である、といえるわけです。

・重量二脚がアンチアセン
軽量機にとっての中量二脚がそうであるように、中量機にとって一番困るのは「中量機の機動力に近く、より硬い」重量二脚であるといえます。
現状では重量差も相当なものですから、軽めの中量機にとっては大した問題ではなくとも、その軽めな中量機のアンチアセンはNSSなど重めの中量二脚です。

この二点を加えると……

・軽量二脚に簡単に追いつかれない程度の機動性

を維持しつつ、

・重量機にできるだけ詰め寄れる機動性

を獲得……

お気づきですね。機動性がネックです。
つまり、他のアセン以上に、「意識して軽く組む」ことが大事になるのです。
では、いかにして軽く組むか。

1.内装を軽くする
ジェネは軽ジェネが望ましいでしょう。
個人的にオススメはGN-JUDITHかLINSTANT/G。
GN-JUDITHは、出力と容量が軽ジェネの中では比較的優れており、ライールジェネより300軽い。
KPも問題があるほど低いわけではないですが、軽量機の火器に対し、より精確な回避が必要。
LINSTANT/Gは、出力も容量も最低限ですが、中距離で絶大なPA防御力を約束してくれます。
中途半端な距離で撒かれたマシンガンではびくともしませんが、EN管理がネック。
ブースタに関しては、縦型はオススメしません。
重量機に対して距離を詰めやすい縦型配置は、一見中量機にこそふさわしく見えますが、サイドブースタが極端に弱まれば、「軽量機のアンチアセン」としての地位が消滅、相手に距離を詰めることを許す、お互いにヒットアンドアウェイの交錯戦を余儀なくされます。
そうなると有利なのは、当然対重量機用の高火力火器を持った軽量二脚です。
同じような装備の擬似軽二だというならそれでもいいですが、彼我の装甲差を活かすには、近距離戦に関する適性で負けている点を鑑みるとリスキーと言わざるを得ないでしょう。
よって、SBはできるだけ強めることをお勧めします。
ある程度の距離まで詰め寄るならOBのほうが高速かつ高効率ですし、そこからの距離維持を行うには、QB重視のVIRTUEと、横の動きに弱い低消費SBより、縦横ともにアリーヤ(MBアリーヤは意外と前進に関して燃費は悪くない)を使ったほうがやりやすいことが多いです。
このいわゆる十字型配置、縦型の連続QB中心の動きとは根本的に異なる動き(動きのモデルを挙げるならオッツダルヴァ)を要求されますが、軽ジェネにとっては相性がいい扱い方ともいえるので、是非修得をオススメします。
というか中量乗りのローディー先生のほうが軽量機用の動きで、軽量乗りのオッツダルヴァが中量機用の動きってのはどうなんだw
まぁ、ジェネの特性の問題なんでしょうけどね。

2.武装を軽くする
これも大事。とはいえ、どう軽くすればいいのか。
ただ単純に軽火器を選んだのでは重量機に対して火力不足になりがちですし、重量の軽い高火力火器といったら軒並み近距離用で、中量機が扱うのはちと難しい。
つまり、「ある程度重い重火器の装備も視野に入れ」つつ、「軽く抑え」なければならないという、一見矛盾するアセンを必要とするわけです。
これを実現するのに相応しいのが、「選択式アセン」という形式。
何を選択するのかというと、「対軽量機用の武器」と、「対重量機用の武器」を選択します。
アセン段階でこれら二つともを装備しておき、いざ戦う段階になったら、相手のAPやアセンを見て、不要であると判断したほうの武装を即座にパージ、相手に適した武装と機動力の双方を確保する、というアセンのことです。
相手のアセンを早期に見抜く目が必要となるため、中級者〜上級者向けの感はありますが、そもそも中量二脚というカテゴリ自体がそうなので、この際それは度外視。
アセン段階で軽量機用武装と重量機用武装の双方を用意する、ということですが、このときたとえば「対軽量機用のWライ」「対重量機用のVTF+スラッグ」という形式にしてしまうと、対重量機がひたすら癖の強い背中武器に限定されてしまいます。
このためW鳥アセンとは基本的に相性が悪く、どちらの組み合わせを選んでもバランスがいい武装が可能なX鳥アセンとの相性がいい方式と言えます。
W鳥を意識しつつ、対重量機にも対応しやすいのがレーザーライフル。
たとえば
右手:レーザー
左手:ライフル
左背:VTF
といった組み合わせ。
軽量機にはライレザW鳥、重量機にはレザミサX鳥、という選択。
これも立派な選択式アセンですね。アリーヤ、ランセル等、軽めの中量機向けです。
アセン的には非常に優秀ですが、腕部とFCSを選ぶのが難点といえば難点。
腕部は063(負荷重視)かランセル(威力重視)がいいでしょう。
精度と安定はお互い十分なので、威力差と消費ENを天秤にかけるだけ。個人的にランセルオススメ。
FCSはこの場合、063が最適かな、と思われます。
あくまで一例ですが。
これに限らず選択式アセンを扱う際に、最も大事なものは……
「もしかしたら使うかもしれない」とパージを躊躇う甘さを捨てること。
軽〜中量機は、武装を一つ捨てるだけで、動きやすさが格段に増します。
そしてその動きやすさは無駄弾を確実に減らし、被弾も減らします。
つまり勝てるってことなんだよ!
・・・いや、真面目な話です。

どの要素をどの程度取り入れるかはその人次第です。
私の場合は内装を徹底的に軽量・高出力化すると同時に、実弾防御とPAを可能な限り高めて、対軽量〜軽量系中量機の中距離戦に最適化させた感じです。
そのぶん重量機はレーザーライフル一本くらいしか頼れるものがないので、若干、というかけっこう厳しいものがあったりするのですが、これは単に企業統一アセンの弊害だったりするw


本日のレス。
zeroさん>
特化も特化でロマンがありますが、汎用機って響きが大好きな私はきっとガンダムに洗脳されているのでしょうね。

長崎ってそんなに寒いのかよ、と思ってググッたら(少なくても今日に限っては)北海道とそんなに変わらなかったですww とはいえ昨日辺りは最高気温が3・4度でしたけど……。冬は寒いけど虫とかいないので結構好きな私ですが、寒がりな人を応援しています。

・私はとんがった特化機に染められてますね〜……なんでだろ。
いや、たしかに長崎の寒さは他の地域に比べればどうってことはないのですが……
どこの地域だろうと、どんな程度だろうと寒いのは嫌いですorz

名無しさん>
ノーロックバグは右側がロックできていれば問題ありませんが

・ノーロックバグ自体、その存在からして懐疑的な意見もあったりして正体不明なんですよねー。
まぁ、アセンレベルで不安要素消せる問題ですし、そこまでして使いたいノーロック武器があるかっていうと、ないですからね……
従来どおり一番確実な方法で回避してやろうと思っております。

算数マニアさん>
お久しぶりです。
算数マニア……もとい百花繚乱【わるつ】です。
パソが盛大にバグって起動出来なくなったので、最近またAC始めました。
今日の夜もタッグマッチを行います。
強者歓迎です!
もし見かけたらメッセージでもいただければ幸いです。

・おひさしぶりです。
PCダウンご愁傷様です……
もう実家にいる限りオンライン参戦は絶望的ですねー……
職業訓練終わったら速攻で実家脱出してやるー……
地元就職なんて死んでもするもんかー……

レイトスさん>
今週入ってからいきなり寒くなりました…

近距離で運用していたモタコブやスラッグを最近自重気味です…
最近はもっぱら再現機オンリーなんですけど…

私も主に汎用機が多いですね
遠中近と揃ってないと不安なのです(汗
そのせいで、特化機に凹されてますけど

・寒いのいやだー!!
私はそもそもその手の近距離火器は全然使いませんねー……自重じゃなくて使いこなせない。
私は汎用といっても、中〜遠距離装備でおおむねどんな状況にも対応できるように機動力を確保してみました、という方面での汎用機ですね。
特化機にボコされるなら、その特化機と戦うときにいらない武器を放り投げるといいよ!

ぶるあぁさん>
こう寒くなると腹巻は必需品に!

自分もだいたい中ニですねー。
まぁだいたいがレーザーもってるかなり軽めな中二ですが。
あれ?今思えば汎用機になってないような・・・。

なんかとんがった特化機といえばギャンしか浮かばなかったりです。

・腹巻かー、いいですね。
レザ中二は普通に汎用機気味なような気がしますが。
とんがった特化機といったら、もうフラジールがとんがりすぎで素敵じゃないですかw

スポンサーサイト

  • 2015.05.16 Saturday
  • -
  • 22:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
始めまして。
FCSの記事くらいから拝見させて頂いてましたが、中量機の話題が出てきたので一言。
偶然SBとGAN02からLATONAに変えてこいつはいけるんじゃね?と思っていたんですが、理論的に解説されるとなるほど〜といった感じでした。
これからも参考にさせていただきます。Σd(・ω・`)
ちなみに自分はアリーヤフレームのコアをソルフに換装した期待を使ってます。軽二の動きにかなりついていけるのでお勧めです。かっこいいしw
その代わり装甲も軽二並ですがorz
  • KAILL
  • 2009/11/05 11:36 PM
相手に合わせたパージは大切ですねー
しかし相手のAPで判断すると軽二だと思ったら四脚だった、中二だと思ったらエクハザコアの軽二だった、なんてこともあるから早計は禁物ですが・・・まあオンじゃあ四脚自体が凄く希少ですけどね。
中二は確かに上級者向けなのでしょうが・・・どんなアセンと当たるか分からないオンでは汎用機は安心できる機体ですね。勝てるかどうかは兎も角・・・
  • モップ
  • 2009/11/06 12:24 AM
お久しぶりです。
今回は中量二脚の考察という事で参考にさせて頂いてます。


最近は4の時の愛機、オーギルのアセンを考えています。
4のまま、オーギルフレームに武装がWマーヴ、左背VTFを選択したんですが…内装をどうしようか迷ってます。
お気に入りのALLライールで行くか、推力重視でアリーヤで行くか…

そこでひとつ、意見を頂きたいです。


なんかランセルのがいい気がしてきたのはきっと気のせい…(笑)
  • もちもち
  • 2009/11/06 8:28 AM
BFFレザ×レールキャ
マーブ×スラッグ
このクロスで中二を組んでますけど…
成程、記事を読んで、軽二相手にはレールキャをいっそ捨てて機動力を確保しつつレザで牽制、接近されたらマーブ+スラッグで迎撃ですね…気づかされる事が多いです(汗

対重量用のVTF…ミサの使い方は、良くわかりませんorz
ただ撃つだけでは、当たらないですよね…
フレア積んでる重量機多いですし(汗
  • レイトス
  • 2009/11/06 9:19 AM
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
当サイトはACfA『非公式』サポーターです
フロム様&オフィサポ様ゴメンナサイ

K1さん特製ブログパーツ
K1さんThanks!
愛機ドラグノフ
みにどら
愛銃
ワルサーP99
ワルサーP99(6mmBB弾モデル)
CLOCK
Twitter
profile
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM